食評☆3 炭焼ハンバーグ&ステーキ なかのグリル 中野富士見町店「牛赤身ステーキ&ライス (300 g) 2320円+大盛りライス100円」 | 300 gの赤身ステーキは肉厚で食べ応えあり!

概要

  • 店名: 炭焼ハンバーグ&ステーキ なかのグリル 中野富士見町店
  • 住所: 〒164-0013 東京都中野区弥生町2丁目52−8 1F
  • HP: http://www.eirin-fukuju.co.jp/search/grill.html
  • 最寄駅: 東京メトロ丸ノ内線中野富士見駅 徒歩5分
  • 支払: ?
  • 日時: 2019-08-17 Sat 17:00
  • 料理: 牛赤身ステーキ&ライス 2320円+大盛りライス100円
  • 調理: 10分
  • 評価: ☆3
  • パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/10/14/

2019-05-25 Satの昼食に続いて二度目の訪問だった。

17:00の夕食としては早い時間帯に3人で訪問した。17:00開店だったので,開店後最初の客だったため,店内は空いていた。

写真

メニュー
料理
メニュー・料理

料理

「牛赤身ステーキ&ライス (300 g) 2320円+大盛りライス100円」を注文した。味付けにおろしポン酢,おろしにんにく醤油,ガーリックバターが選べ,ガーリックバターを選んだ。

昼食と異なり,料理からサラダとスープがなくなり,ライスのお替わりもなくなり,全体的に割高だった。

300 gの牛赤身ステーキは思っていた以上に,肉厚で食べごたえがあり,美味しかった。

結論

中野富士見町駅付近でステーキやハンバーグを食べるにはいいお店だった。

夕食よりも昼食のほうが,メニューのコスパが上がるので,単独での訪問時には昼食を優先したいと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です