Ubuntu 18.04のThunderbirdでローカルのemlファイルの印刷に失敗

brotherのMFC-J6583CDWというインクジェットプリンターのドライバーなどインストールしてから,Thunderbirdでメールの印刷ができなくなってしまった。

プリンターのお客様登録に購入証明書が必要であり,今回購入したお店はメールが購入証明書とのことで,これを印刷 (PDF出力) する必要があった。

メールはバックアップ用に.emlファイルに外部出力していた。そのため,このファイルをThunderbirdで開いて印刷すればいいと考えて試みた。

[File]>[Print Preview] を選択する。すると,なぜかどのアプリケーションでメールを開くかの問い合わせ画面 (Opening …, You have chosen to open) が表示され,その裏でabout:blankの空白ページの印刷プレビュー画面が表示された。

印刷プレビュー画面

[File] から [Print Preview] ではなく [Print] を選択しても,同様の画面が表示され,印刷できなかった。この現象はUbuntu 18.04のThunderbird 60.7.0で確認できた。

Thunderbirdのフォルダー上のメールであれば問題なかった。どうやら外部出力したemlファイルで問題になるようだ。結局,Thunderbirdのメールフォルダーに振り分けておいたメールを印刷して対応した。

しかし,後々メールのバックアップを印刷する場面が出てくるので,解決しておきたい。

調査してみたが,いい解決策が見つからなかった。例えば,以下のサイトではprefs.jsやconfig editorでprint.printer_関係のプロパティをリセットする方法を解説していた。

しかし,念のためprofileをリセットさせて,確認してみたものの解決していなかった。

現象としては,「993408 – print only blank page in preview or print dialog」で報告されているバグと同じ内容なのだが,こちらは報告者の環境の問題ということで片付けられていた。

さらに調査を進めると,以下のフォーラムでのやり取りを見つけた。

The problem is that .eml file support is limited. Thunderbird will display the contents, but doesn’t treat it as a message. That means it can’t be copied, moved, printed etc. However, you should be able to include it as an attachment in a message that that you send to yourself, and then open and print that attachment using Thunderbird.

Print eml files using Thunderbird.exe • mozillaZine Forums

Thunderbirdはemlファイルの表示はできるものの,メッセージとしては取り扱えない。そのため,コピーや移動,印刷などができないらしい。仕様ならしかたない。

しかし,念のためWindowsでの動作を確認したところ,Windows 10のThunderbirdでは問題なく印刷プレビューを表示できた

Windowsではきちんと動作しているので,結局Ubuntu 18.04特有の問題のようだ。

しかたないので,暫定対応としては,以下の2種類の方法を取る。

対応
  • WindowsのThunderbirdで印刷
  • ローカルのemlファイルをThunderbirdの任意のフォルダーにドラッグ・ドロップして取り込む

Thunderbirdはこういうちょっとした問題がいたるところに存在している。以前投稿した「Thunderbirdのアドレス帳で連絡先1件につき3以上のメールアドレスを登録可能なCardBookアドオン」も,問題に気付いてから数年経ってから解決した。

今回の問題も数年後に解決するかもしれない。根本的な問題が解決できなくて残念だったが,今後のために記録として記しておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です