ccacheのインストール

GNOME Terminal

C/C++のコンパイラーキャッシュであるccacheをソースコードからインストールする。

ccacheを使うことで,何回も行うビルドを高速化できる。例えば,Qtのような巨大なライブラリーを,コンパイルオプションを変更したり,バージョンを変更して繰り返しビルドする場合に,ビルド時間を短縮できる。

インストール情報
項目 説明
配布元 ccache — Compiler cache
リポジトリー ccache/ccache: ccache – a fast compiler cache
手順
依存情報
依存先 (必須) Make (GNU Make)
依存先 (任意)
  • リポジトリーからのビルド用: AsciiDoc, xsltproc, gperf
  • デバッグ,パフォーマンステスト: Python
依存元 Qt5
インストールコマンド
sh -eux <<-"EOT"
PKG=ccache VER=3.7.1 TAG=v$VER
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 git://github.com/ccache/ccache $PKG
  cd $PKG
  git fetch --depth 1 origin tag $TAG
  git checkout -f $TAG
  git clean -dfX
  [ -e .gitmodules ] && git submodule foreach --recursive git clean -dfX
  [ -e configure.ac ] && autoreconf -is
else
  [ -e $PKG-$VER ] || wget https://github.com/ccache/ccache/releases/download/$TAG/$PKG-$VER.tar.xz
  tar -xf $PKG-$VER.*
  cd $PKG-$VER
  make -kj $J distclean clean || :
fi

./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER"
make -j $J
make -j $J check
make -j $J install

cd "$LOCAL/stow"
echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D
stow --ignore=dir $PKG-$VER
EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2019-06-23 3.7.1 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, gperf 3.1, AsciiDoc 8.6.10

AsciiDocとxsltprocはmake install実行時にドキュメントを作成するのに使う。これらのパッケージはインストールが手間だったので,UbuntuのAPTでインストールした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です