GNU Automakeのインストール

Autotoolsの一部であり,Autoconfとともに数多くのソフトウェアのビルドにつかわれているGNU Automakeをソースコードからインストールする。

インストール情報
項目 説明
配布元
リポジトリー automake.git – GNU Automake
手順
依存情報

依存先 (必須) Make (GNU Make), Autoconf, Perl 5.006+
依存先 (任意) テスト用: gettext, help2man, texinfo, libtool, flex, bison, dejagnu, zip, icedtea, python, gcc-toolchain, gfortran, pkg-config, vala
依存元
インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
PKG=automake VER=1.16.1 TAG=v$VER
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src" if command -v git >/dev/null; then [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 git://git.savannah.gnu.org/automake.git $PKG cd $PKG git fetch --depth 1 origin tag $TAG git checkout -f $TAG
git clean -dfX [ -e .gitmodules ] && git submodule foreach --recursive git clean -dfX ./bootstrap
else [ -e $PKG-$VER ] || wget https://ftp.gnu.org/gnu/$PKG/$PKG-$VER.tar.gz tar -xf $PKG-$VER.* cd $PKG-$VER make -kj $J distclean clean || :
fi ./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER" make -j $J make -j $J check make -j $J install
cd "$LOCAL/stow" echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D stow --ignore=dir $PKG-$VER EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2019-06-21 1.16.1 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, Perl 5.26.1, Autoconf 2.69

リポジトリーからのビルドにはconfigure.acからconfigureを生成するのに,autoreconfコマンドを使う。しかし,autoreconfコマンド内部でautomakeが必要になるため,automakeの存在しない環境で,Automakeをビルドできない。

以下に記載があるように,こうしたブートストラップ問題の解消のため,bootstrapスクリプトを使う。

* To regenerate dependent files created by aclocal and automake,
use the ‘bootstrap’ script. It uses the code from the source
tree, so the resulting files (aclocal.m4 and Makefile.in) should
be the same as you would get if you install this version of
automake and use it to generate those files. Be sure to have the
latest stable version of Autoconf installed and available early
in your PATH.

HACKING – automake.git – GNU Automake

automakeのmake checkはテストが2904個ほどあり,時間がかかる (20-30分かかった) ので注意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です