書評☆2 いまフリーエンジニアになろうとしているあなたへ | 冴えないフリーランスエンジニアの自叙伝

概要

40歳手前妻子持ちで年収400万円程度の著者が,フリーランスエンジニアに転向して状況を改善した70ページ程度の薄い自叙伝となっている。

著者のサイト で無料で配布されている。

内容がこの状況からフリーランスエンジニアに転向した部分に関してフォーカスされたものとなっている。

ただし,内容はエージェントに連絡を取り合ってそこからフリーランス (常駐エンジニア) になったというだけのものだった。その中で,自分でWebサービスを作って独立しようとして断念した話があったが,具体的な中身はなかった。

エージェント経由でSESとして常駐エンジニアになるという話はよくある話で,それだけだとありふれた話で参考にならなかった。自分で作ったWebサービスの話をもう少し知りたかった。

結論

書名からフリーランスエンジニアになるにあたってのアドバイスなどが書かれているのかと思っていた。

しかし,給与金額を自分から低く出さないほうがいいとか,それくらいのことしか書かれておらず,参考にならなかった。もう少し有益な内容が書かれていると期待していたので,期待外れだった。

どちらかというとこの本は,著者の営業のための本だと感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/07/11/


いまフリーエンジニアになろうとしているあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です