書評☆3 Web業界 受注契約の教科書 | Webの仕事の契約でよくある問題とその対応集

概要

Web制作会社での勤務やIT弁護士.comで活躍された2名の著者によるWeb業界の受注契約のポイントを解説している。

書籍の構成としては,前半でWebの仕事の受注時によくある問題を掲載し,書籍の後半でそれらの問題にはどう対応していけばよかったかなどが書かれている。

どちらかというと著者の経験談的な面が強い本だった。理由としては,過去の判例や法律の条文の掲載・引用があまりなかったからだ。

SES契約に関する話があればいいなと思って読んだが,その点は一切なかった。

結論

Webの会社で契約に携わる立場の人間であれば,参考になる部分があるだろう。

よくあるパターンとそれの対処方法があるので,事前に読んだり,過去の自分の事例を振り返ってこうすればよいというのがわかり,参考になるだろう。

ただし,一般社員であればあまり関係ないので,読んでも意味はないかなと思った。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/07/09/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です