#mtgjp 購入報告 |《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》のお供

2019-06-23 Sunに《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》1枚をメルカリで399円で購入した。

丁度,前回購入した《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》と同じタイミングで,メルカリの期間限定ポイントの消化が主な目的で購入した。

《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》のテキストは以下となる。

Liquimetal Coating / 液鋼の塗膜 (2)
アーティファクト

(T):パーマネント1つを対象とする。それはターン終了時までそれの他のタイプに加えてアーティファクトになる。

タップでパーマネント1個をアーティファクト化するという能力だ。アーティファクト化カードとしては,軽量で最も使いやすいカードだ。

このカードは《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の登場により,価値が高まった。これらの2枚により,以下の手順で枚ターン土地破壊が可能だ。

  1. 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の-2能力によりサイドボードからサーチ。
  2. 次ターンに《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》をキャストし,相手の土地をアーティファクト化。
  3. 《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の+1能力で,アーティファクト化した相手のクリーチャー化して破壊。

《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》は,《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》との組み合わせによる,土地ロックが有名なコンボだ。

しかし,《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》は6マナであり,キャストできないこともある。また,《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》は単純に6000円超過の高額カードだ。手頃に,そうした序盤にロックを掛ける手段として,《液鋼の塗膜/Liquimetal Coating》がいいお供となる。

《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》を使うならば,1枚保持しておきたいと思い,購入した。

《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》はせっかく4枚揃えたものの,しばらく使う予定がない。次の新デッキの白エルドラージがだめだった場合,白スタックスで土地破壊・マナロックとして,《ハルマゲドン/Armageddon》や《からみつく鉄線/Tangle Wire》あたりと共に使うのが面白いだろうか。

次の大会は,7/12 Friを予定していたが,その日は職場の懇親会と重なってしまったため,見送る。7/5 Friになり,とうとうロンドン・マリガン導入が始まった。環境も大きく変わるので,様子を注視していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です