書評☆4 システム開発 受託契約の教科書 | SES契約を含む受託契約全般のポイント解説・契約書のDL提供のITフリーランス必須本

概要

システム開発受託契約に関する契約書の例とそれをもとに,契約の条鋼後とのポイントを解説してある。

解説されている契約は以下の10例だ。

  1. ソフトウェア開発基本契約書 (多段階契約)
  2. ソフトウェア開発契約書 (請負一括型)
  3. 業務委託契約書 (要件定義・準委任契約)
  4. 業務委託基本契約書
  5. ソフトウェア開発基本契約書 (アジャイル開発)
  6. コンサルティング業務委託契約書
  7. システム保守委託契約書
  8. SES基本契約書
  9. ソフトウェア使用許諾契約書
  10. 労働者派遣基本契約書

契約書例のMicrosof Wordファイルを読者特典として提供されているのがとてもありがたい。

個人的には,SES基本契約書について解説されているのがありがたい。実際に,自分でITフリーランスとして活動する場合,契約書をどうするかという問題が発生する。その場合のサンプルとしてとても参考になる。

SES基本契約以外に関しても一般的な受託開発で発生するものであり,それぞれ共通する考え方の部分があるので,参考になった。

結論

色がついており,見やすいレイアウトで受託開発に関する契約の条項が解説されていた。SES契約も解説されており,サンプルの契約書をダウンロードできるのがとてもよかった。

ITフリーランスを考えているならば,一冊手元に必要だろうと感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/06/07/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です