Thunderbirdのアドレス帳で連絡先1件につき3以上のメールアドレスを登録可能なCardBookアドオン

2014年から使い始めたメールクライアントのThunderbirdで,長年の悩みだった「アドレス帳の連絡先1件につき3以上のメールアドレスの登録」を解決できたので,その問題と解決方法を記す。

問題

社会人になった2014年から職場や家庭でメールクライアントソフトのThunderbirdを使い始めた。WindowでもLinuxでも使え,アドオンによりカスタマイズ可能であり,概ね満足していた。

ただし,アドレス帳の連絡先が1件につきメールアドレスが2個までしか登録できないという致命的な問題があった。

Thunderbird 60.6.1 Ubuntu 18.04での具体的な画面を掲載する。まず,[Tools]>[Address Book]>[Address Book Contact…] を選択する。

[Tools]>[Address Book]>[Address Book Contact…]

これにより,以下の [New Contact] 画面が表示される。

Thunderbird標準の[New Contact]画面

この入力画面からわかるように,メールアドレスの入力欄が,[Email] と [Additional Email] の2個しか存在しない。タブを切り替えても,メールアドレスの入力欄は他にも見当たらない。従って,2個以上のメールアドレスを登録できない。

このご時世,メールアドレスは個人用と所属ごとに1個と少なくとも2個以上持つことが当たり前となっている。このような状況で2個までしかメールアドレスを登録できないというのは時代錯誤もいいところである。

さすがにおかしいと思って,3個以上のメールアドレスを登録する方法がないか探してみた。

しかし,どうやらThunderbirdの仕様のようで,どうにもならないようだ。

これだけが長年問題で,他のメールクライアント (Evolution, Claws Mailなど) への乗り換えを検討してきたが,結局Thunderbird以上のものが見つからず,我慢して使っていた。

上記の質問サイトの「How do I add additional (beyond 2) email addresses for contacts? | Thunderbird Support Forum | Mozilla Support」の中で紹介されていた「MoreFunctionsForAddressBook」アドオンを使ったりしてしのいでいた。

MoreFunctionsForAddressBookはThunderbirdのAddress Bookに新しいタブページに入力欄を追加することで,追加で5個までメールアドレスを登録できるようにして対応している。ただし,この方法はThunderbirdの独自のフィールドを追加している。

そのため,例えばgContactSyncアドオンを使ってGmail (Google Contacts) と同期が取れず,Androidなどのスマートフォンとアドレス帳を同期できないという問題があった。

CardBookアドオン

Thunderbirdで3件以上のメールアドレスを登録できない問題を抱えたまま日々やり過ごしていた。ところが,最近になってこの問題を解決できた。

それは,Nextcloud Contacts/CalendarとThunderbirdの同期でインストールしたCardBookアドオンによるものだ。

CardBookアドオンはCardDAVという標準に準拠したvCard形式でアドレス帳を管理するアドオンとなっている。Thunderbird標準のアドレス帳は独自形式のようで,vCard形式であれば1個の連絡先につき,何件でもメールアドレスが登録できるようだ。

実際のCardBookアドオン (v36.3) の [New Contact] 画面を以下に掲載する。

CardBookアドオンの [New Contact] 画面

右端の [+] ボタンにより,何個メールアドレスが登録可能になっている。実際に,1個の連絡先で20個のメールアドレスを登録可能なことを確認できた。

CardBookアドオンは2015-08-07のv2.5で初めて公開された。比較的最近になって登場したアドオンだ。最初にこの問題について遭遇したのは2014年であったので,気づくのに時間がかかってしまった。

CardDAVという標準に準拠することで,Gmail (Google Contacts) とのアドレス帳の同期もこのアドオンだけで対応可能になっている。そのため,標準のアドレス帳ではなくCardBookのアドレス帳をメインに扱えば,gContactSyncのような追加のアドオンなしで他の端末とのアドレス帳の同期が可能になる。

CardBookアドオンはThunderbird標準のアドレス帳の上位互換と思ってもよいだろう。これは非常に大きな機能だ。

カレンダー機能として元々アドオンだったLightningがThunderbird本体に取り込まれたのと同様に,CardBookアドオンも本体に取り込まれてもおかしくないと個人的に感じる。

多くの人々に使われているThunderbirdのアドレス帳という基幹機能において,このような重要な変化があったものの,ネット上ではまだまだ情報が少なく,気づくのが遅れてしまった。

まだCardBookアドオンを使っていなければ,CardBookアドオンを強く推奨する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です