書評☆2 ITエンジニアが独立して成功する本 | フリーランスITエンジニアの一般事項

概要

書名どおり,ITエンジニアがフリーランスとして働く方法や注意点について書かれている。

案件の配分や体調管理,営業など一般的なことが書かれている。ただし,内容が一般的すぎてあまり参考にならなかった。

サブタイトルに年収2000万円稼ぐとあるが,これは大げさなキャッチコピーだった。

参考

p. 55: 化名刺を同封した封書の開業挨拶。ハガキは捨てても名刺は捨てない

独立開業の挨拶状をハガキで送る人が多いのですが、ここはインパクト勝負です。人と同じことでは自分を売り込めません。できればハガキではなく、封書にして開業挨拶状を送りましょう。そしてその開業挨拶状とともに、名刺を必ず入れておきましょう

なぜかというと、日本人というのは、ハガキは捨てやすいけれども、相手の名前の印刷された名刺というのはなかなか捨てにくいものなのです。

開業挨拶で名刺を送付するのはいいと思った。

結論

フリーランスITエンジニアとして一般的なことが書いてあり,なんとなくどんな感じか知るのにはいいかもしれない。

しかし,内容が一般的すぎてあまり参考にならなかった。業界の仕組み,市場規模など,もう少し,込み入った具体的な話を知りたかった。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/05/06/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です