#mtgjp 購入報告 | 2ターン目に4マナ出すためのアーティファクトと瞬殺コンボのパーツ

2019-04-25 Thuに「トレトク楽天市場」で以下のカードを購入した。

  • 1枚7100円: 《厳かなモノリス/Grim Monolith》
  • 1枚2780円: 《Helm of Obedience》
  • 2枚1180円: 《丸砥石/Grindstone》
  • 1枚0320円: 《水蓮の花びら/Lotus Petal》
  • 計11380円

楽天では5と0の付く日はキャンペーンでポイントが+1倍なので,この日を狙って購入した。

新セットの灯争大戦の《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の登場により,アーティファクト系コンボが強くなると予想して,アーティファクト関係のコンボパーツを購入した。実際,カーンの発表後に《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》が値段が300円から2500円まで8倍も高騰してしまった。モダン需要には恐ろしいものがある。

《厳かなモノリス/Grim Monolith》は1枚7100円と高額カードだった。このカードは,2-3ターン目の《難題の予見者/Thought-Knot Seer》や《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の着地確率向上のために購入した。

1ターン目に《悟りの教示者/Enlightened Tutor》でサーチすることで,2マナランド1枚と平地1枚のハンドから2ターン目に展開が可能になる。もっとも,この目的だけであれば《水蓮の花びら/Lotus Petal》でも十分だった。

しかし,今後《Helm of Obedience》や《丸砥石/Grindstone》+《絵描きの召使い/Painter's Servant》のコンボも試す場合,一度にたくさんマナを出す選択肢があったほうがいいだろうと考え,7100円と相場の最安だったのもあり,購入を決めた。

また,併せて《水蓮の花びら/Lotus Petal》も1枚購入した。《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》でサイドからマナ加速や,何らかの瞬殺コンボのお供になるだろうと考えたからだ。

《Helm of Obedience》は《安らかなる眠り/Rest in Peace》とのヘルムピースコンボのために購入した。《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》を考えると,メインとサイドに1枚ずつほしいので,どこかのタイミングでもう1枚購入したい。

《丸砥石/Grindstone》は《絵描きの召使い/Painter's Servant》とのコンボのために2枚購入した。肝心の《絵描きの召使い/Painter's Servant》は持っていないので,別のタイミングで購入する。

今回は《厳かなモノリス/Grim Monolith》や《Helm of Obedience》など高額カードを購入した。再録禁止カードでトーナメントで活躍するカードはすぐに値上がりするので,買い時に悩む。悩む時間がもったいなく感じたので,思い切って購入した。

《厳かなモノリス/Grim Monolith》は早速メインデッキに採用するとして,残りのカードはコンボパーツの枚数が揃い次第,検討する。

なお,5月の連休はMTGの大会には参加しない予定だ。連休は他の作業をし,通常通り金曜日の夜間の大会に参加する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です