書評☆2 見える化4.0 | 社内構造の可視化による経営改善

概要

会社経営について詳しい2人の専門家による,社内状況の可視化による経営改善を提言している。

可視化は以下の4段階のレベルがある。

  1. 社内構造
  2. プロセス
  3. サービスモデル
  4. 24時間

著者が経営の人であるため,経営の内容に終止している。一般社員が読んだところで,どうにもできない内容だった。

結論

IoTのビジネスの話を期待していたのだが,思っていたのと違った。

こういう経営の話は,一般社員が読んだところで,実行不可能であり,役に立たない。

今後はこういう経営の本を読むのは避けようと思った。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/04/23/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です