#mtgjp 大会報告 2019-04-19 Fri 20:00 晴れる屋TCレガシー | MF横浜初日の裏での新デッキの初勝利!

概要

  • イベント名: 平日レガシー
  • URL: https://event.hareruyamtg.com/ja/events/?shop=1&date=201904
  • 主催者: 晴れる屋トーナメントセンター
  • 開催地: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 3-12-2 OCビル 2F
  • 開催日時: 2019-04-19 Fri 20:00
  • 結果: 2-1 (内不戦勝敗1)

前回での大会の反省を活かすべく,大会に臨んだ。

購入

2枚目の《暗黒の深部/Dark Depths》2400円を,大会での2勝で得た500ポイントと参加賞の100円商品券を使い購入した。

《暗黒の深部/Dark Depths》を1枚しか所持していなかったため,一度のマリット・レイジトークンを除去された場合,《石化した原野/Petrified Field》か《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》で墓地から使い回すしかなかった。

デッキ内に2枚目があることで,墓地からの再利用だけでなく,後続をサーチできるようになった。中長期戦で特に重要になる。今後のために購入できてよかった。

デッキ

デッキ名: 厳粛∞
バージョン: 3.0.0
60 メインデッキ
30 土地
05 《平地/Plains》
04 《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
04 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
04 《水晶鉱脈/Crystal Vein》
04 《演劇の舞台/Thespian's Stage》
02 《不毛の大地/Wasteland》
01 《幽霊街/Ghost Quarter》
01 《暗黒の深部/Dark Depths》
01 《古えの居住地/Ancient Den》
01 《カラカス/Karakas》
01 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
01 《石化した原野/Petrified Field》
01 《イス卿の迷路/Maze of Ith》

12 クリーチャー
04 《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
04 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
04 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》

18 その他
04 《探検の地図/Expedition Map》
04 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
04 《厳粛/Solemnity》
01 《ファイレクシアの非生/Phyrexian Unlife》
01 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
01 《忘却の輪/Oblivion Ring》
01 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
01 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
01 《殴打頭蓋/Batterskull》

15 サイドボード
01 《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
01 《沈黙の墓石/Silent Gravestone》
01 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
01 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
01 《真髄の針/Pithing Needle》
01 《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
01 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
02 《忘却の輪/Oblivion Ring》
02 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
01 《浄化の印章/Seal of Cleansing》
01 《弱者の石/Meekstone》
01 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
01 《防御の光網/Defense Grid》

メインデッキの変更点は以下の通りだ。

  • Out: 《安寧砦の精鋭/Safehold Elite》2, 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》1, 《金属ミミック/Metallic Mimic》1, 《護衛募集員/Recruiter of the Guard》3, 《修復専門家/Restoration Specialist》1, 《爆破基地/Blasting Station》1, 《狂気の祭壇/Altar of Dementia》2, 《シタヌールのフルート/Citanul Flute》1
  • In: 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》3, 《難題の予見者/Thought-Knot Seer》4, 《殴打頭蓋/Batterskull》1, 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》1, 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》1, 《忘却の輪/Oblivion Ring》1

前回の大会で惨敗し,3枚コンボの無限頑強は,コンボ成立が難しく,デッキの安定性を下げる要因だと判断した。そこで,無限頑強のパーツ一式をごっそり外し,単体で強い《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》と《難題の予見者/Thought-Knot Seer》を採用した。

特に,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》は過去に4枚購入 (参考: #mtgjp 購入報告 | 「稲妻のように素早く動け。そうすれば稲妻のように致命的になれる。」#mtgjp 2019-02-10 Sat 17:00+20:00 晴れる屋TCレガシー参加報告 | 祝!装備リベリオン初3-0で有終の美を飾る) したものの,使うあてがなかったので,減価償却するのにもよかった。当初は,《賛美されし天使/Exalted Angel》と半分ずつにしようかと思っていた。しかし,思っていたより白白を出すのが難しかったのと,ハンデスできるのがやはり強いと感じたので,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》4枚にした。

《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+装備品では,《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》は《厳粛/Solemnity》と相性が悪いので,代わりに《忘却の輪/Oblivion Ring》を1枚採用した。

サイドボードの変更点は以下の通りだ。

  • Out: 《ボジューカの沼/Bojuka Bog》1, 《平和の番人/Peacekeeper》1, 《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》1, 《放逐する僧侶/Banisher Priest》1,
  • In: 《忘却の輪/Oblivion Ring》1, 《安らかなる眠り/Rest in Peace》1, 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》2,

メインデッキから《護衛募集員/Recruiter of the Guard》が抜けたので,《護衛募集員/Recruiter of the Guard》からのサーチ用カード一式を差し替えた。

メインデッキから無限頑強のパーツ一式が抜け,新しく《難題の予見者/Thought-Knot Seer》が入ったので,バージョンを2.0.0から3.0.0に更新した。

試合

マジック・フェスト横浜初日の裏の大会だったため,参加者は8人程度と少なかった。

第1試合: 不戦敗

参加者が少なかったのもあり,いつもより早く試合が終わっていた。バトロコ高田馬場でカードを見ていたので,若干遅刻してしまった。

第2試合: ○○青白石鍛冶

開始に遅刻してしまい,3分間の追加時間が与えられた。

1ゲーム目は,相手の《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》の返しに,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》で《殴打頭蓋/Batterskull》の除外に成功する。その後,こちらも《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を展開し,ビートをかけながら,《暗黒の深部/Dark Depths》を達成を狙う。ビートでもライフをだいぶ追い詰めて,《暗黒の深部/Dark Depths》もダメ押しで展開して勝利した。

2ゲーム目は,《暗黒の深部/Dark Depths》x2を《剣を鍬に/Swords to Plowshares》で対処される。《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+ 装備品で耐える。結局,《殴打頭蓋/Batterskull》に《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》+《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》が装備され,ビートする。最終的にライフが83まで膨れ上がり,相手が対応できなかったので,そのままビートで削りきる。

途中,《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》を引いたのだが,デッキ内に2枚目の《暗黒の深部/Dark Depths》がなかったため,《埋没した廃墟/Buried Ruin》で《探検の地図/Expedition Map》を再利用することにした。しかし,こちらは《対抗呪文/Counterspell》で打ち消されてしまった。ここで,《暗黒の深部/Dark Depths》をサーチできれば,もっと早くゲームを決められた。やはり,2枚目の《暗黒の深部/Dark Depths》は必要なので,大会終了後の購入を決める。

第3試合: ○○スタイフルノート

1ゲーム目は,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+《難題の予見者/Thought-Knot Seer》を展開し,《不毛の大地/Wasteland》+《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》で相手の土地を全て破壊する。5/6の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》がやっかいだったが,《殴打頭蓋/Batterskull》を《難題の予見者/Thought-Knot Seer》に装備できたので,これで勝利できた。

《難題の予見者/Thought-Knot Seer》で相手の《三角エイの捕食者/Trygon Predator》を除外できたのが強かった。

2ゲーム目は,こちら《演劇の舞台/Thespian's Stage》+《古えの墳墓/Ancient Tomb》+《探検の地図/Expedition Map》経由《暗黒の深部/Dark Depths》の最速マリット・レイジトークンの展開プランの初手をキープする。相手は対応できなかったので,そのまま4ターンキル。

結果

新デッキの厳粛∞での初勝利を飾ることができた。

やはり,成立の難しい無限頑強よりも,単体でゲームを決めるパワーを持つ《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》と《難題の予見者/Thought-Knot Seer》のほうが強かった

当初は,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+《難題の予見者/Thought-Knot Seer》のスロットは,《丸砥石/Grindstone》+《絵描きの召使い/Painter's Servant》と《安らかなる眠り/Rest in Peace》+《Helm of Obedience》の2枚コンボを挟み込もうかと思っていた。しかし,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》+《難題の予見者/Thought-Knot Seer》も十分強いので,《難題の予見者/Thought-Knot Seer》を減価償却するためにも,もう少しこちらを使い込みながら,残りのコンボパーツの収集を進めることにする。

2019-03-29 Friの大会で勝利したっきり,約1か月ぶりの勝利だった。そして,勝ち越しに関しては2019-02-10 Sat以来の約2か月ぶりだった。久しぶりに試合で勝利できてよかった。

ここで天狗にならずに,さらに精進していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です