#mtgjp 購入報告 | モダンで活躍したサクり台

2019-03-27 Wedにヤフオクのトレカの里ヤフオク!店で《爆破基地/Blasting Station》英2枚を964円で購入した。

新デッキの無限頑強コンボのエンドカードにするのが購入理由だ。

《爆破基地/Blasting Station》の効果は以下の通りだ。

Blasting Station / 爆破基地 (3)
アーティファクト

(T),クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。爆破基地は、それに1点のダメージを与える。
クリーチャーが1体戦場に出るたび、あなたは爆破基地をアンタップしてもよい。

引用: 爆破基地/Blasting Station – MTG Wiki

クリーチャーを1体生け贄に捧げることで,任意の対象に1点ダメージを与えられる。いわゆるサクり台だ。

墓地からクリーチャーを無限に戦場に展開できるカードと組み合わせて,無限ダメージを形成できる。

モダンでは無限頑強で採用された実績がある。アーティファクトでどの色でも採用できるのが強い。

マナコストや即効性では,以前購入した《狂気の祭壇/Altar of Dementia》に分がある。ただし,《狂気の祭壇/Altar of Dementia》はライブラリー破壊のカードであるため,スニークショーなど《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》を採用している相手には効果がない。《真髄の針/Pithing Needle》対策も兼ねて,これらの2種を散らして採用するのがいいだろう。

また,その他にアーティファクトのサクり台には《落とし子の穴/Spawning Pit》も存在する。こちらは,効果の起動にマナが必要なため,即効性がなく,カウンターを使うため《厳粛/Solemnity》とは組み合わせられない。しかし,1マナで2/2クリーチャーを展開できるため,コンボが決まれば数ターン以内に決着が付くだろう。

個人的には,《護衛募集員/Recruiter of the Guard》でサーチできるサクり台がほしい。調べたところ,白のクリーチャーのサクリ台は以下の3種類だけだ。

  • 《鏡の精体/Mirror Entity》
  • 《殉教したルサルカ/Martyred Rusalka》
  • 《介護人/Caregiver》

しかし,《鏡の精体/Mirror Entity》以外は《平和の番人/Peacekeeper》の方が強い

《鏡の精体/Mirror Entity》を活用する場合,頑強持ちに《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が必須となる。《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》は3マナでマナコストに白白を要求するので,展開が遅くなる。ただし,コンボの成功確率向上の選択肢としてはありえる。

今後の検討課題としたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です