書評☆3 Vue.js入門 | 内容は詳しいが入門にしては重い

概要

JavaScriptのライブラリーであるVue.jsの開発にも関わっている著者たちによるVue.jsの入門となっている。

基本的なところから応用的なことまで,Vue.jsに関する一通りの話題を解説してある。その分,文量も480ページと多くなっている。

入門とあるので,もう少し簡単な内容が書かれていることを期待していたのだが,内容はけっこう難しかった。

その分細かいことまで書いてはある。

ただ,もう少しわかり易い記述,簡単な言葉で説明できなかったのかと思った。いちいち小難しいことが書いてあり,けっこう読むのがたいへんだった。

入門というよりは,リファレンス的な本だった。

結論

Vue.js入門とあるので,初心者に向けても書かれているかと期待していた。しかし,やはりだがある程度Webの開発の経験者を想定して書かれていた。

ページ数が多く,Vue.jsに関する話題が一通り書かれていたので,それはよかった。入門ではなく,リファレンス的に扱うのが良いと思った。Vue.jsの入門には他の本をあたったほうがいいように感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/04/03/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です