書評☆4 いまどきのJSプログラマーのための Node.jsとReactアプリケーション開発テクニック | Reactの実践的解説とMastodonのデスクトップ・スマホクライアント開発の解説

概要

JavaScriptの開発で人気のフレームワークであるReactによるアプリケーション開発方法を解説している。

最初に,Reactと共に使われる現代的なJavaScriptの開発方法として,Node.js,npm,Bable,Webpackを解説し,Reactの使い方を説明し,最後にその応用として実践的なアプリケーション開発事例を解説している。

実践的な開発例として,分散SNSのMastodonのElectronによるデスクトップクライアントとReact NativeによるAndroid/iOSクライアント,掲示板やリアルタイムチャット,Wikiシステム,独自SNS,機械学習による手書き文字認識を取り扱っていた。

説明が足りないところや,やや理解が難しい箇所もあったが,Reactや現代的なJavaScriptでの開発方法が一通り説明されていてよかった。

特に,実践的な開発として,分散SNSのMastodonのデスクトップとスマホクライアントの開発方法の解説があるのが良かった。MastodonのWeb APIを使うためのnpmのライブラリー (mastodon-api) が存在するので,これを使うことで,比較的簡単に必要な機能が実装できるようだ。

たぶん他のWeb APIも同じような感じなのだろうけれど,それが解説されているのが良かった。この手順通りにやれば,自分にもできそうだと思えた。

結論

Reactによる現代的なJavaScript開発全般が解説されていた。実践的な事例があり,これを目当てに購入してもいいなと思った。

ただし,解説が不十分なところがあったり,内容が難しいところもあるので,わからないところは追加で調査が必要だろう。

特に,分散SNSのMastodonのクライアントの開発例が書かれており,あまりネット上に情報が出回っていないので,貴重な情報源だった。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/03/27/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です