Gitのインストール

GNOME Terminal

VCS (Version Control System) として,現代的で代表的なGitをソースコードからインストールする。

多くのソフトウェアがVCSにGitを採用しており,ソースコードのダウンロード時にも必要になる。

インストール情報
項目 説明
配布元 Git
リポジトリー git/git: Git Source Code Mirror – This is a publish-only repository and all pull requests are ignored. Please follow Documentation/SubmittingPatches procedure for any of your improvements.
手順 git/INSTALL at master · git/git · GitHub
依存情報
依存先 (必須) Make (GNU Make), zlib
依存先 (任意)
  • ssh (OpenSSH): push, pullに使用
  • POSIX sh: bisect, pullなどに使用
  • Perl 5.8+: git add -i/-pやgit svnの対話操作
  • OpenSSL: libcurl 7.34-でのgit-imap-send
  • OpenSSL: SHA1
  • libcurl: git-http-fetch, git-fetch, git-imap-send (libcurl 7.34.0+), http://やhttps://のリポジトリーの使用,IMAPメールボックスへのパッチの配置
  • expat: git-http-pushで使用
  • wish: git-gui
  • gettext (GNU libintl): ローカライズ
  • Python 2.4+ (3.x以外): git-p4
依存元

任意の依存先が多数ある。この中でsshとlibcurlは実用上必須だ。OpenSSLはOpenSSHのビルド時にインストールすることになる。

可能であれば,wishも有効にしてGit付属のGUIもビルドするとよいだろう。しかし,wishはGUIであるためビルドが厄介なので,ひとまず後回しにする。

インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
PKG=git VER=2.22.0 TAG=v$VER
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
[ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://github.com/git/git
cd $PKG
git fetch --depth 1 origin tag $TAG
git checkout -f $TAG
git clean -dfX if false [ -e .gitmodules ]; then git submodule update --init --depth 1 --progress ||
git -C $(git submodule status | cut -d ' ' -f 2) pull --shallow-since YYYY-mm-dd git submodule foreach --recursive git clean -dfX fi # [ -e configure.ac ] && autoreconf -is
make configure else
[ -e $PKG-$VER ] || wget https://mirrors.edge.kernel.org/pub/software/scm/git/$PKG-$VER.tar.xz
tar -xf $PKG-$VER.*
cd $PKG-$VER
make -kj $J distclean clean || :
fi
if [ -e CMakeLists.txt ] && command -v cmake >/dev/null; then ENABLE_XXX=$(pkg-config --exists xxx && echo ON || echo OFF) cmake -D CMAKE_INSTALL_PREFIX="$LOCAL/stow/$PKG-$VER" . ctest -j $J fi [ -x configure ] && ./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER"
make -j $J
make -j $J test
make -j $J install

cd "$LOCAL/stow" echo $PKG-[0-9]* | xargs -n 1 stow --ignore=dir -D stow --ignore=dir $PKG-$VER
EOT
インストール成功例
日付 バージョン OS 依存関係
2019-02-24 2.19.2 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0, OpenSSH 7.9p1, cURL 7.59.0, OpenSSL 1.1.1a
2019-07-05 2.22.0 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, OpenSSH 7.9p1, cURL 7.59.0, OpenSSL 1.1.1a

INSTALLにあるように,make configure; ./configure; make && make installの代わりに,以下のようにmake時にprefixを指定してもビルドとインストールができる。

make -j $J prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER && make prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER install 

今回は他のプログラムのインストールと手順を合わせるために,configureを作成する手順を採用した。

依存関係をローカル環境にインストールしている場合,Gitのビルドでは./configureの実行前にexport LDFLAGS="-L$LOCAL/lib -L$LOCAL/iib64"を実行するか,LDFLAGS="-L$LOCAL/lib" ./configureのように,LDFLAGS環境変数にライブラリーの場所を指定する必要があった。そうしないと,ローカル環境にインストールしたcURLを認識せず,make実行時に以下のエラーが出てしまった。

    LINK git-imap-send
/usr/bin/ld: cannot find -lcurl
collect2: error: ld returned 1 exit status
make: *** [Makefile:2349: git-imap-send] Error 1

なお,gitのリポジトリーには,sha1collisiondetectionサブモジュールが存在する。こちらは,MakefileでDC_SHA1とDC_SHA1_SUBMODULEを定義した場合に使用する実験的なオプションのようだ。

# Define DC_SHA1_SUBMODULE in addition to DC_SHA1 to use the
# sha1collisiondetection shipped as a submodule instead of the
# non-submodule copy in sha1dc/. This is an experimental option used
# by the git project to migrate to using sha1collisiondetection as a
# submodule.

git/Makefile at v2.22.0 · git/git

通常ビルドでは不要であるため,git submodule関係のコマンドは実行しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です