#mtgjp 2019-02-01 Fri 20:00 晴れる屋TCレガシー参加報告 | 安定性を向上させたリベリオンで新年初勝ち越し!

概要

  • イベント名: 平日レガシー
  • URL: https://event.hareruyamtg.com/ja/events/11/20190201/
  • 主催者: 晴れる屋トーナメントセンター
  • 開催地: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 3-12-2 OCビル 2F
  • 開催日時: 2019-02-01 Fri 20:00
  • 結果: 2-1 (内不戦敗1)

今週は晴れる屋10週年記念で,景品は据え置きで大会の参加費が無料だった。参加し得だった。

購入

参加賞の100円商品券を使い,600円の《平和の番人/Peacekeeper》を購入した。

ショーケースに展示されていたプレイドのカードだ。全クリーチャーの攻撃を止めることができる貴重なカードだ。再録禁止カードであるため,今後の値上がりが予想できた。

《護衛募集員/Recruiter of the Guard》でサーチ可能であり,1枚は所持しておきたいと感じ,購入した。

ネット通販で最安であり,また1週年記念でポイントが10 %なので,絶好のタイミングだった。

店舗のショーケースに展示されているプレイドカードはネット通販に出品されていないものがある。

晴れる屋のシングルカードで一番お得なのは,こうしたネットに出品されていないプレイドカードだと感じた。

デッキ

デッキリスト

デッキ名: 装備リベリオン
バージョン: 1.1.0
60 メインボード
24 土地
6 《平地/Plains》
4 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
1 《カラカス/Karakas》
1 《古えの居住地/Ancient Den》

19 クリーチャー
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2 《果敢な隼/Defiant Falcon》
2 《レイモス教の副長/Ramosian Lieutenant》
2 《アムローの偵察兵/Amrou Scout》
1 《果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero》
1 《夜風の滑空者/Nightwind Glider》
1 《熱風の操縦者/Thermal Navigator》
1 《鏡の精体/Mirror Entity》
3 《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》

17 その他
1 《虚空の杯/Chalice of the Void》
2 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
2 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
4 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《静寂の捕縛/Bound in Silence》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《謙虚/Humility》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

15 サイドボード
1 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1 《未達への旅/Journey to Nowhere》
2 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《無のロッド/Null Rod》
1 《弱者の石/Meekstone》
1 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1 《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》

コメント

メインボードの変更点は以下の通りだ。

  • Out: 《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》1,《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》1,《忘却石/Oblivion Stone》1,《剣を鍬に/Swords to Plowshares》1
  • In: 《アムローの偵察兵/Amrou Scout》2,《漸増爆弾/Ratchet Bomb》1,《忘却の輪/Oblivion Ring》1,《忘却の輪/Oblivion Ring》1

メインボードのリベリオンとしての安定性を上げるための入れ替えを行った。また,《虚空の杯/Chalice of the Void》と相性の悪い《剣を鍬に/Swords to Plowshares》を減らし,《漸増爆弾/Ratchet Bomb》と《忘却の輪/Oblivion Ring》を採用した。特に,《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》と《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》を減らして,《アムローの偵察兵/Amrou Scout》を採用したのは,大きかった。これにより,初手に《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》かリクルーターが揃う確率があがった。

サイドボードの変更点は以下の通りだ。

  • Out: 《ファイレクシアの炉/Phyrexian Furnace》2
  • In: 《未達への旅/Journey to Nowhere》1,《弱者の石/Meekstone》1

前回の大会で青赤デルバーに負けたのを反映し,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からサーチできる軽い除去を用意した。

試合

第1試合: 不戦敗

今日は店内に人が多かった。やはり,10周年記念で大会参加費が無料だったからだろうか。

第2試合: ○○青黒デルバー

1ゲーム目は,相手の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》の攻撃で残りライフが1になる。4-5ターン目に《虚空の杯/Chalice of the Void》X=1の設置に成功。《漸増爆弾/Ratchet Bomb》でぎりぎり除去でき,そこから《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を装備した《鏡の精体/Mirror Entity》でひっくり返す。

2ゲーム目は,相手《苦花/Bitterblossom》スタート。こちらが序盤に展開した《夜風の滑空者/Nightwind Glider》やらリクルーターなどで時間を稼ぎ,最後は《歩行バリスタ/Walking Ballista》でライフを減らして勝利。

この試合は相手のプレイミス,雑なプレイが目立った。具体的には以下の項目だ。

  • 相手先手で《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》スタート。2ターン目に変身するも,攻撃を忘れる。
  • 1ターン目にこちらが《不毛の大地/Wasteland》で土地を破壊したにも関わらず,土地を2回セット。
  • 《夜風の滑空者/Nightwind Glider》が待ち構えている状態で,《苦花/Bitterblossom》のフェアリートークン1体で攻撃。

100円商品券を4-5枚もっていたので,たぶん連戦で疲れていたのだろう。プレイ中にミスの指摘をして,相手も反省していた。

土地の二重セットやPWの二重起動はたまにあるので,こちらも注意深く監視する必要がある。

ただ,こちらも1ゲーム目にプレイミスがあった。《虚空の杯/Chalice of the Void》と《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》を持っている状態で,《虚空の杯/Chalice of the Void》を先にキャストしてしまった。《虚空の杯/Chalice of the Void》を設置して,除去を防いでからクリーチャーを展開すればいいかという意味不明な思考をしてしまった。反省。

また,相手が《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》に内スリーブを付けておらず,カードが傷んでいるのが気になった。一声かけてやればよかっただろうか。

第3試合: ○○エスパー石鍛冶

1ゲーム目は後手スタート。2ターン目の《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》は打ち消されるも,3ターン目の《虚空の杯/Chalice of the Void》が通る。その後,リクルーターの着地に成功し,相手が投了。なにやら,手札に1マナカードを大量に抱えていたらしい。

2ゲーム目は後手でお互い1マリガン。相手が土地1枚ハンドをキープしたらしく,その後2-3ターン土地を引けず,即行で投了された。

あまりMTGした気分ではなかったが,こういう試合もあるか。ただ,デッキにもよるが1マリガンで土地1枚ハンドのキープは甘い。土地1枚の6枚ハンドより,土地2枚の5枚ハンドのほうが強い。相手のキープミスだろう。

結果

最終成績が2-1 (不戦敗1) で,新年初の勝ち越しとなった。

先日購入した《虚空の杯/Chalice of the Void》と《古えの墳墓/Ancient Tomb》がやはり強い。実質的に,《虚空の杯/Chalice of the Void》で2ゲーム取ったようなものだ。そして,《古えの墳墓/Ancient Tomb》があると後手2ターン目に《目くらまし/Daze》をケアしながら,《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》やリクルーターを展開できるのが強い。実際,1試合目の2ゲーム目はこの動きで相手に《目くらまし/Daze》2枚を切らせることに成功した。

また,リクルーターを増量し,リベリオンの動きの安定化を狙ったのは効果があった。初手に《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》かリクルーターが来る頻度が上がり,キープ基準や序盤の動きを安定させれた。

今回の大会は,いつもより未熟なプレイヤーとの連戦だったため勝てたと感じる。天狗にならずに,精進していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です