書評☆4 ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書 | 内容は高度だが具体事例多数で実践的

概要

「NHKスペシャル」という番組で『IoTクライシスが忍び寄る (前編)』をきっかけに作成された本となっている。1冊でIoTに関するハッキングのノウハウを学べる本となっている。

IoTハッキングの基礎知識から,環境構築,ハッキング対象ごとの具体的なハッキング方法が解説されており,具体的な内容が多かった。

IoTハッキングについてはあまり詳しく,興味も薄かったが,評判が良かったので読んでみた。内容は悪くなかった。

ただし,ハッキングということもあり,専門用語が多く,IoT特有のハードウェアやファームウェアなどを扱う内容があり,内容は難しかった。

結論

IoTハッキングに関する本はあまり数がないので,本書は貴重な本だろう。IoT製品の開発者やセキュリティ担当者など,この分野に関わりのある人にとっては有益な本になると感じた。

それ以外の人,特にセキュリティに詳しくない人にとっては,内容が高度なので読むのが辛いのではないかと感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2019/01/28/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です