#mtgjp 購入報告 | 怪物から身を守る往年のトップレア《罠の橋/Ensnaring Bridge》

シングルカードを「トレカ通販トレトク」で購入した。購入したカード群は以下の11枚5240円だ。

  • 1 50円 《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》
  • 1 60円 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
  • 1 3400円 《罠の橋/Ensnaring Bridge》
  • 1 660円 《呪われた巻物/Cursed Scroll》
  • 1 200円 《冬の宝珠/Winter Orb》
  • 4 640円 《砂の殉教者/Martyr of Sands》
  • 1 100円 《極楽のマントル/Paradise Mantle》
  • 1 130円 《弱者の石/Meekstone》

2018-11-30の大会でリアニメイトにわからされ,2018-11-182018-11-02の大会などでエルドラージにわからされ続けていた。

リアニメイトはともかく,現在のレガシー環境ではエルドラージの使用者が一定数以上存在する。今後戦っていくうえで,エルドラージ対策が必要だ。

そこで,これらの怪物から見を守るための往年のトップレアを購入することにした。そのカードとは,《罠の橋/Ensnaring Bridge》だ。

ストロングホールドから存在し,第7版,第8版で再録されたこのカードは,昔からバーンデッキなどで使われていた。リアニメイトやエルドラージのように巨大クリーチャーの攻撃を完封するための強力なカードだ。

3000-4000円となかなかの高額カードなので,購入を躊躇した。1枚あれば《悟りの教示者/Enlightened Tutor》でかさ増し可能なので,エルドラージと戦うために1枚購入した。

通販サイトを探したところ,「トレカ通販トレトク」が最安の3400円だった。トレトクでは3000円以上の購入で送料無料となるため,以前からほしかったカードをまとめて購入した。

《呪われた巻物/Cursed Scroll》は以前から《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の対策になり,サイド後消耗戦になりがちなコントロールやビート相手の後半のエンドカードになり得るため,以前から検討していた。このカードもトレトクが最安だったので購入した。

《弱者の石/Meekstone》は,《罠の橋/Ensnaring Bridge》と併せて怪物の攻撃を防げるカードだ。《罠の橋/Ensnaring Bridge》は3マナだが,《弱者の石/Meekstone》は1マナだ。グリクシス・コントロールや,グリクシス・デルバー相手に《呪文貫き/Spell Pierce》を回避して出しやすいため,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からのサーチ対象としてよいと判断した。

白では《悟りの教示者/Enlightened Tutor》でかさ増しが可能なので,強力なアーティファクト,コンボパーツとなりえるカードは1枚保持していおたほうがいいと考え,《冬の宝珠/Winter Orb》や《極楽のマントル/Paradise Mantle》も併せて購入した。

《砂の殉教者/Martyr of Sands》は過去のトーナメントの白単コントロールで活躍したので,今後使う可能性とコレクションのために4枚揃えた。

その他,《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》と《埋没した廃墟/Buried Ruin》は値段が安かったので,今後の増量時の備えとして購入した。《埋没した廃墟/Buried Ruin》は晴れる屋だと250円だったので,段違いだ。《埋没した廃墟/Buried Ruin》は晴れる屋だと250円だったので,段違いだ。

今回購入した《罠の橋/Ensnaring Bridge》,《弱者の石/Meekstone》,《呪われた巻物/Cursed Scroll》は次回から早速サイドボードとして採用する。

今回購入したカードに活躍してもらい,エルドラージとの次の対戦では善戦したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です