#mtgjp 2018-11-24晴れる屋休日レガシー20:00の部参加報告 | トップメタデッキのグリコン・奇跡に打ちのめされる中で見つけたものとは?

日中に別の用事で外出していたので,その帰りに晴れる屋休日レガシー20:00の部に参加した。

なお,今回からカード名の入力効率を上げるため,辞書ツールを導入した。

概要

  • イベント名: 休日レガシー
  • URL: https://event.hareruyamtg.com/ja/events/121/20181124/
  • 主催者: 晴れる屋トーナメントセンター
  • 開催地: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 3-12-2 OCビル 2F
  • 開催日時: 2018-11-24 Sat 20:00
  • 参加費: 500円
  • 参加人数: 16
  • 結果: 1-2

デッキ

デッキ名: 装備リベリオン
60 メインボード
24 土地
8 《平地/Plains》
4 《不毛の大地/Wasteland》
4 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》
2 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
2 《砂漠/Desert》
3 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
1 《カラカス/Karakas》

23 クリーチャー
4 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
3 《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》
2 《果敢な隼/Defiant Falcon》
1 《レイモス教の副長/Ramosian Lieutenant》
1 《アムローの偵察兵/Amrou Scout》
1 《果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero》
1 《夜風の滑空者/Nightwind Glider》
1 《熱風の操縦者/Thermal Navigator》
1 《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》
1 《鏡の精体/Mirror Entity》
3 《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》

13 その他
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《静寂の捕縛/Bound in Silence》
1 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
1 《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
1 《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

15 サイドボード
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《忘却の輪/Oblivion Ring》
3 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《斑岩の節/Porphyry Nodes》
1 《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1 《忘却石/Oblivion Stone》
1 《煙突/Smokestack》
1 《謙虚/Humility》
1 《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1 《聖なるメサ/Sacred Mesa》
1 《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》

前回からの変更点は以下だ。

  • Out: 流刑への道2,太陽と月の輪1,絶対の優雅1
  • In: ファイレクシアの処理装置1,煙突1,斑岩の節1,悟りの教示者1

まず,大会参加直前に以下の3枚のカードを購入した。

  • ファイレクシアの処理装置 (50円) 1枚
  • 斑岩の節 (400円) 1枚
  • 煙突 (300円) 1枚

前回の参加報告でも書いた通り,サイド後の動きを強くするカードを用意した。「夜の戦慄」を出されても有効な「ファイレクシアの処理装置」,エルドラージに有効な「斑岩の節」と「煙突」をサイドに採用した。

試合

休日20:00の部は,参加人数が16人といつもよりやや少なかった。

第1試合: ×× グリクシスコントロール

5回目のグリクシスコントロールとの対戦。

1ゲーム目は後手で初手スタート。「ルーンの母」「果敢な勇士リン・シヴィー」ハンドをキープしたところ,相手に「思考囲い」でリンを捨てられる。その後,相手にクリーチャーを大量に展開され敗北。

2ゲーム目は先手で初手をキープ。「ルーンの母」「石鍛冶神秘家」「斑岩の節」「世界のるつぼ」などの内容。

1ターン目の「ルーンの母」を《夜の戦慄/Dread of Night》で除去され,2ターン目に《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を《目くらまし/Daze》で打ち消される。その後,相手は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》を展開。手札の《斑岩の節/Porphyry Nodes》でアドバンテージを稼ごうと2体目のクリーチャーが唱えられるまで待機していた。しかし,よりにもよって《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》を出される。しかたなく,《斑岩の節/Porphyry Nodes》を展開するも,相手はさらに《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》などを追加で展開。こちらは,後続のクリーチャーを引かず,敗北。

2ゲーム目は2ターン目の《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を《目くらまし/Daze》で打ち消された時点で負けが確定したようなものだった。

グリクシスコントロールというデッキにも,《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》を採用したコントロールよりな構成から,《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》や《目くらまし/Daze》を採用したビートよりの構成などいくつかバリエーションがあることに初めて気づいた。

今後は,相手のグリクシスコントロールがコントロールよりなのか,ビートよりなのか,特に《目くらまし/Daze》が入っているかどうかに細心の注意を払って対戦する。カナディアン・スレッショルドのように《目くらまし/Daze》が入っている相手は,絶対に《目くらまし/Daze》で打ち消させない プレイングが重要だ。

また,サイド後は《夜の戦慄/Dread of Night》が入ってくることを想定して,《ルーンの母/Mother of Runes》を全抜きしてサイドボードカードをありったけ詰め込む。

2ゲーム目では,またしても《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》が腐ってしまった。《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》の4枚目を採用する。

第2試合: ×○×奇跡

3回目の奇跡との対戦。

1ゲーム目は,こちらの手札に《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》とレベルクリーチャーがある状態で,クリーチャーを展開できるという理由でレベルクリーチャーを優先して展開。ただ,この判断がまずかった。ジェイスのバウンスやらなんやらで,クリーチャーを思っていたように展開できなかった。結局,アドバンテージ差を付けられ,《僧院の導師/Monastery Mentor》で負ける。

2ゲーム目は,お互い消耗戦になったところで,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》から《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》をサーチしてフィニッシュ。

3ゲーム目は,4ターン目あたりが勝敗の別れ目になった。こちら2ターン目に《漸増爆弾/Ratchet Bomb》。相手は3ターン目に《基本に帰れ/Back to Basics》。こちら,平地2枚で残りは特殊地形だったので刺さる。続いて相手は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》を展開。ここで,《漸増爆弾/Ratchet Bomb》で《基本に帰れ/Back to Basics》と《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》のどちらを破壊するか悩む。土地が伸びれば,手札の《果敢な勇士リン・シヴィー/Lin Sivvi, Defiant Hero》で後続を引っ張ってきてプレインズウォーカーを除去できると見込み,《基本に帰れ/Back to Basics》を破壊することにする。しかし,これがミスだった。相手は,その後《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》も展開してきて,こちらの生物が展開できない。そのまま,ギデオンのトークンで負ける。

奇跡相手のサイドボードも間違えていた。《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》は除去できるカードがないので,外すべきだった。また,土地を引く可能性のほうが高かったので,より脅威であるプレインズウォーカーの破壊を優先すべきだった。

また,3ゲーム目の終盤で《悟りの教示者/Enlightened Tutor》からサーチした《忘却石/Oblivion Stone》が《意志の力/Force of Will》で打ち消された。このときに,《埋没した廃墟/Buried Ruin》があればぎりぎりリカバリーが間に合っていた可能性があった。サイド後の対策カードを使い合わすためにも,《埋没した廃墟/Buried Ruin》を増量したほうがいいかもしれない。

第3試合: ○○スゥルタイコントロール

グリクシスコントロールかと思ったが,《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》や赤がはいっていないので初見の相手だった。

1ゲーム目は,《悪意の大梟/Baleful Strix》や《タルモゴイフ/Tarmogoyf》でライフを積められるも,レベルクリーチャーと《ルーンの母/Mother of Runes》で耐えて,最後は《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》でひっくり返す。

2ゲーム目は,お互い消耗戦になったところで,《聖なるメサ/Sacred Mesa》でクリーチャーを展開して勝ち。

2ゲーム目は,若干プレイミスがあった。こちら手札の土地を出せば,レベルクリーチャーの能力を起動できるのに,土地をおかずにアタックに行く。相手ブロック時に《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》からレベルクリーチャーを除去されてしまった。青が入っている相手は,常に《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》に注意が必要だった。

相手の動きが遅めだったので,こちらも初動がゆっくりになるので戦いやすかった。

試合後,こちらのリベリオンデッキに興味を持ってくれたようで話をする。なんでも,メルカディアン・マスクスブロック時にMTGを始めたので,リベリオンが懐かしかったとのこと。

  • Q.1 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を使うなら,《殴打頭蓋/Batterskull》は必須ではないか?
  • A.1 《殴打頭蓋/Batterskull》は《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》が除去されると手札で腐り,素引きしたときや《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》に装備してアタックなどが難しいので不採用にしている。
  • Q.2 サイド後がややアグレッシブなので,いっそのこと《丸砥石/Grindstone》を使ったマイティ・クイーンにしてはどうか?
  • A.2 その発想はなかった。頭の片隅に置いて検討してみる。
  • Q.3 《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》があるので,《大変動/Cataclysm》や《ハルマゲドン/Armageddon》などはどうか?
  • A.3 こちらも土地が必要なので,《大変動/Cataclysm》は使いどころが難しい。《大変動/Cataclysm》のつもりで,サイドに《煙突/Smokestack》を採用している。《ハルマゲドン/Armageddon》はこちらの優勢時にしか役に立たないので,使うなら《カタストロフィ/Catastrophe》と考えている。
  • Q.4 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》は採用していないのか?
  • A.4 3マナ域にプレインズウォーカーを多めに採用しているため,採用していない。

結果

結局,1-2だった。1勝はできるようになったが,やはり環境トップメタの奇跡やグリクシスコントロールに勝てない。

サイドボードの完成度は徐々に上がってきたので,サイドイン・サイドアウトとプレイングに磨きをかけていきたい。

今回の大会の教訓は以下4点だ。

  • レベルクリーチャーがいるならば,手札の土地はすぐに出す。
  • グリクシスコントロールのタイプを判断する。特に,目くらましが入っているか,クリーチャーが多めの構成なのかどうかは重要。
  • 奇跡相手は相手のPWを牽制するために,レベルクリーチャーではなく石鍛冶を優先。
  • サイド後は悟りの教示者3枚は絶対入れる。時間を稼ぐ。

特に,グリクシスコントロールにバリエーションがあることに気づくことができたのは大きかった。今後はより一層注意して戦いに臨みたい。

その他,デッキ改良の案として,以下をぼんやり考えている。

  • Out: 《ミシュラの工廠/Mishra's Factory》1,《ルーンの母/Mother of Runes》1,《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》2
  • In: 《埋没した廃墟/Buried Ruin》1,《悟りの教示者/Enlightened Tutor》1,《忘却石/Oblivion Stone》1,《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》1

サイド後の動きを強くするため,メインの《埋没した廃墟/Buried Ruin》を増やして,メインの《埋没した廃墟/Buried Ruin》を強くするために,《忘却石/Oblivion Stone》と《ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor》をメインから採用するという内容だ。

この構成だと,ピンチのときも有利なときもなんとかできそうではあるが,はたしてどうなるか?《忘却石/Oblivion Stone》は《忘却の輪/Oblivion Ring》と相性が悪いので,《議会の採決/Council's Judgment》も本格的に集める必要がある。

次回の大会は11/30 Friの予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です