書評☆3 よくわかる LED・発光ダイオードのしくみ: 光るメカニズムから青色発光ダイオードまで | 青色LEDのノーベル物理学賞を受けたLED開発経緯が参考になった

概要

LEDの仕組みを解説している。2008年に発刊された「ゼロから理解する世界一簡単なLEDのきほん」を基に,新しく青色LEDに関する記述や多数の写真を挿入し,感じに振り仮名を振って,オールカラーにして小中学生向けに編集した内容となっている。

2014-10-07に青色LEDがノーベル物理学賞を受賞したことを受けて,冒頭でLEDの開発の経緯を解説している。その後,LEDがどこで使われているか,何が優れているのか,仕組みなどを解説している。

冒頭のLEDの開発の経緯以外は,だいたい元になった「LEDのきほん」と内容は同じになっている。

LEDがどういうものかを学ぶのには,どちらかを読めば十分だろうと感じた。

結論

青色LEDがノーベル物理学賞を受賞したのは2014-10-07であり,本書の書評を記した2018年に比べてもごく最近のできごとであり,本書を読んでいて科学技術の進化を感じた。

本書ではそこまで細かいことは書いていないが,青色LEDがなぜノーベル賞を受賞したのかも説明しており,教養として参考になった。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/11/15/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です