PostgreSQLのインストール

OSSのRDMSとして,MySQL/MariaDBと共にWebアプリケーション開発でよく使われるPostgreSQLをソースコードからインストールする。

インストール情報
項目 説明
配布元 PostgreSQL: The world’s most advanced open source database
手順 PostgreSQL: Documentation: 10: Chapter 16. Installation from Source Code
依存情報 PostgreSQL: Documentation: 10: 16.2. Requirements
依存先 GNU Make 3.80+, GNU Readline or libedit, zlib
For git version: GNU Flex 2.5.31+, GNU Bison1.875+, Perl 5.8.3+.
依存元
インストール手順
sh -ex <<-EOT
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=postgresql VER=10.5 TAG=REL_$(echo $VER | sed 's/\./_/')
cd $LOCAL/src

if command -v git >/dev/null; then
[ -e $PKG ] || git clone --depth 1 git://git.postgresql.org/git/$PKG.git
cd $PKG
git fetch --depth 1 origin tag $TAG
git checkout $TAG
else
[ -e $PKG-$VER ] || wget https://ftp.postgresql.org/pub/source/v$VER/$PKG-$VER.tar.bz2
tar -xf $PKG-$VER.*
cd $PKG-$VER
fi
./configure --prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER make -j $J && make install stow -d $LOCAL/stow $PKG-$VER
EOT
インストール成功例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-09-23 10.5 Ubuntu 16.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0, GNU Readline 7.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です