書評☆2 日経ソフトウエア 2015年10月号 | 基本情報技術者の問題集と対策本が付録で付いているが,本体の記事は入門的な内容が多く,物足りなかった

概要

FlashAirやIoT関係の記事を目当てで読んだ。

今号では,C/C++の記事や,はじめてのプログラミングと題したPythonによるプログラミング入門の記事がメインであり,どちらかというと初心者・入門的な内容が多かったので,物足りなかった。

その他に,基本情報技術者試験の過去問題8回分と頻出問題の対策本が付録としてついており,勉強中の人にとってはお買い得だったかもしれない。

肝心のFlashAirの記事は,4ページしか亡く,内容が物足りなかった。

IoT関係では,Raspberry Pi2で温度が一定範囲を超過したら,エアコンをオン・オフする電子工作の紹介があった。こちらの内用は悪くなかったが,6ページ程度しかなく若干物足りなかった。

参考

p. 078: 特集3 おもしろプログラミングガジェット

以下の10個のプログラミングガジェットを紹介されており,IoTでも活用できそうだったので,参考になった。

結論

FlashAirの記事を目当てにしていたのだが,思っていたよりも内容が少なかったので,物足りなかった。

入門的な内容が多く,Excel VBAの話など,今号の内容は自分には合わなかった。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/10/05/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です