書評☆3 イラスト図解 スマート工場のしくみ IoT、AI、RPAで変わるモノづくり | スマート工場の仕組みが図解でわかりやすい

概要

生産性の高い工場であるスマート工場について,背景,課題,仕組みなどを図解でわかりやすく解説している。

前著「イラスト図解 工場のしくみ」の続編みたいな位置付けで,IT, IoT, AI, RPAがどういう関わってくるのかが書かれている。

見開きで,左に文章,右に図解となっていてみやすかった。

ただし,わかりやすいだけで,次の行動に結びつけにくいのが残念だった。例えば,仮に製造業の一社員としてこの本を読んでどういう行動を取ることができるか?を考えたときに,特に思いつかなかった。読み物,教養,基礎知識としてはよかった。

また,細かいところだが,巻末に索引がなかったのがとても残念だった。

参考

p. 126 5-4 製造業システム標準化の動き②米国のIICと日本のIVI

各国で製造上システム標準化の動きがあり,それらの比較があって参考になった。

  • 米国: IIC (Industrial Internet Consourtium)
  • 日本: IVI (Industrial Value-chain Initiative)
  • ドイツ: Industory 4.0

結論

スマート工場のしくみについて解説していた。図解が多くてわかりやすかった。しかし,読み物的な面が強く,次のアクションに結びつけにくいなと感じた。

また,工場なので,製造業以外の人が,新しく仕事を開拓しようとするときには,参考にしにくいかなと感じた。

製造業に勤めている人や,製造業相手に仕事をしている人が読むと参考になるかもしれない。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/09/27/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です