書評☆3 厚い買い板層を狙った短期勝負 | 朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術

概要

短期間の株式投資論として,板読み投資術を解説している。

書籍の冒頭1/4は著者のこれまでの経歴の紹介,最後の1/4は精神論について書かれている。真ん中の2/4が具体的な投資方法論となっている。

内容は,厚い買い板層を狙った買いを中心とした短期間のトレード方法についてのもの。

板は株価のトレンドが最も最初に反映されるもの。短期間のトレードだけでなく,長期間のトレードでも売買時には参考になるとのことで,たしかにそのとおりではあると思った。

参考箇所

p. 108: 成功への近道は、利益も損失も増やすこと

いろいろな投資法を試して、200万円の利益を上げながらも、一方で勉強代として100万円の損失を蒙り、結果的に100万円の利益を残す。

たしかに,取引回数を増やして動きを大きくしたほうが,勉強にもなるしいいなと感じた。

p. 148: サラリーマンでもできるデイトレ術

勝負は、わずか10分程度で決まります。前場の取引がスタートする午前9時から9時10分の間に利益確定、もしくはどう寝で撤退するという方法です。

なぜ前場の寄り付きなのか?それは板が薄いため、10分間という短い時間で利益確定できる可能性が高いからです。

もちろん、そのためには「強い板」を見つける必要があります。復習になりますが、強い板とは、次の2つの条件を満たす必要があります。

  1. 買い板が分厚いこと
  2. 売り板が上に飛んでいること

売り板が上に飛んでいれば、上の株価を買いに来る投資家が出てきたとき、株価は簡単に値上がりして利益確定しやすくなります。

また、買い板が分厚ければ、9時10分までの間にうまく儲からなかったとしても、同値で撤退できる確率が高まります。

書名にもある9時10分までの勝負方法が書いてある。ターゲットを絞れば行けそうな気もするが,勤務直前にこんなのやると落ち着けないのではないかとも感じた。どうなんだろうか。

p. 193: 大切なこと3 メンタルは負荷をかけても鍛えられない

残念ながら、私自身の経験で申し上げますと、メンタルはどれだけ強いプレッシャーを受け続けたところで、結局のところ鍛えられないものだということです。

トレードで大事なことはロジックであり、ロジックがしっかりしていれば、メンタルや精神力によってトレードが左右されることが小さくなるのです。

まとめ

短期間のトレードとして,板に注目した投資方法を解説していた。

短期間の投資は,これはこれで難易度が高いので,一つの参考にしたいと感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/09/03/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です