書評☆3 スレッドシーケンスからDBのバイナリーの形式まで | MariaDB&MySQL全機能バイブル

概要

MariaDBとMySQLの機能を網羅的に解説している。

2018-06-02時点でMariaDBについて言及されているのはこのこの本と[PHP7+MariaDB/MySQLマスターブック]の2冊だけであり,貴重な一冊だ。

冒頭で,MySQLとMariaDBの違いや重要な機能を解説し,その後各コマンドやSQLを順番に解説している。網羅的に解説しているので,逆引きで使える。

驚いたのは,内部構造の解説があったところだ。MySQLの主なデータ型であるMyISAM型とInnoDB型やレプリケーションについては,処理のシーケンス図やデータのバイト列との対応など,細かいことまで解説があった。ここまで細かい話が書かれている本はあまりないので目新しかった。

内容はけっこう高度であり,表紙に現場で役立つともあり,既にある程度使える中上級者向けの本だと感じた。

まとめ

MariaDBとMySQLの機能を逆引き的に使うのによい本だと感じた。

初心者は MySQL徹底入門 第3版 を読んで,まずはMySQLになれたほうがよいだろう。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/08/27/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です