書評☆2 日経Linux 2014年 04月号 | Raspberry Piの標準搭載ソフト群とシェルによるLED点滅など

概要

Raspberry Piの記事目当てで読んだ。

pp. 80-107でRaspberry Piのサーバーとしての機能や,LED点滅,温度センサーの利用が書いてあった。

Raspberry Piにどんなソフトが入っているかの紹介があったのは参考になった。Raspberry Piにどんなソフトが入っているかの紹介があったのは参考になった。また,/sys/class/gpio/配下のファイルに値を書き込むことで,LEDの点滅などができるというのは初見だった。

しかし,雑誌なのもあり,情報が断片的で中途半端に終わってしまい,物足りなかった。

参考

p. 047: 44 定期的に自動でウイルスチェックを実施

Linuxで利用できるオープンソースのアンチウイルスソフトの一つに、「Clam AntiVirus (ClamAV)」があります。

Linuxでのウイルス対策ソフトを知らなかったので参考になった。

結論

全体的にこの号は自分に役に立つ内容がなかったのでいまいちだった。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/08/14/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です