ICUのインストール

国際化のためのライブラリーであるICUをソースコードからインストールする。

ICUはIntlという名前でも参照されることがあり,PHP-intlなどで利用されている。

インストール情報
項目 説明
配布元 ICU – International Components for Unicode
インストール手順 ReadMe for ICU 61.1
依存先 Make (GNU Make)
ビルド環境 Ubuntu 16.04
インストール手順
LOCAL=~/.local
PKG=icu
VER=61.1
#VER=59.1

cd $LOCAL/src
wget -nc http://download.icu-project.org/files/${PKG}4c/$VER/${PKG}4c-${VER%.*}_${VER#*.}-src.tgz
tar -xf ${PKG}4c-${VER%.*}_${VER#*.}-src.*
mv $PKG $PKG-$VER;
cd $PKG-$VER/source
./configure --prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER

make && make install stow -d $LOCAL/stow $PKG-$VER

インストールは以上で完了だ。

ICUは,C言語用のAPIのICU4CとJava用のICU4Jがあり,ファイル名やディレクトリー構成などが他のパッケージと若干異なるので注意する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です