cURLのインストール

ネットワーク通信で広く使われているcURLをソースコードからインストールする。

インストール情報
項目 説明
配布元 curl
リポジトリー curl/curl: A command line tool and library for transferring data with URL syntax, supporting HTTP, HTTPS, FTP, FTPS, GOPHER, TFTP, SCP, SFTP, SMB, TELNET, DICT, LDAP, LDAPS, FILE, IMAP, SMTP, POP3, RTSP and RTMP. libcurl offers a myriad of powerful features
手順
依存情報 curl – External Dependencies
依存先 (必須) Make (GNU Make)
依存先 (任意)
  • OpenSSL: TLS (https)
  • zlib: The automatic “deflate” decompression
  • OpenLDAP: LDAP
  • mbed TLS: TLS (https)
  • heimdal: GSS-API
  • MIT Kerberos: GSS-API
  • nghttp2: http2
  • c-ares: 非同期名前解決
  • libidn: 国際化ドメイン名のIDNAエンコーディング
  • GnuTLS: TLS (https)
  • NSS: TLS (https)
  • wolfSSL: TLS (https)
  • libssh2: SCP, SFTP
  • libmetalink: メタリンク
依存元 PHP, Git

任意の依存先が複数ある。実用上は,TLS対応のためにOpenSSL (またはmbed TLS, GnuTLS, NSS, wolfSSL) は必要だろう。

インストール手順
sh -eux <<-"EOT"
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=curl VER=7.64.0 TAG=$PKG-$(echo $VER | sed 's/\./_/g')
mkdir -p "$LOCAL/src"
cd "$LOCAL/src" if command -v git >/dev/null; then [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://github.com/curl/curl.git $PKG cd $PKG git fetch --depth 1 origin tag $TAG git checkout -f $TAG
./buildconf
else [ -e $PKG-$VER ] || wget https://curl.haxx.se/download/$PKG-$VER.tar.xz tar -xf $PKG-$VER.* cd $PKG-$VER fi
make -kj $J distclean clean || : ./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER" make -j $J
make -j $J check
make -j $J install
cd "$LOCAL/stow" for pkg in $PKG-[0-9]*; do stow --ignore=dir -D $pkg; done stow --ignore=dir $PKG-$VER EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-06-18 7.59.0 Ubuntu 16.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0, OpenSSL 1.1.0h
2019-02-24 7.64.0 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 7.4.0, OpenSSL 1.1.1a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です