cURLのインストール

ネットワーク通信で広く使われているcURLをソースコードからインストールする。

インストール情報
項目 説明
配布元 curl
手順
依存情報 curl – External Dependencies
依存先 (必須) Make (GNU Make)
依存先 (任意)
  • OpenSSL: TLS (https)
  • zlib: The automatic “deflate” decompression
  • OpenLDAP: LDAP
  • mbed TLS: TLS (https)
  • heimdal: GSS-API
  • MIT Kerberos: GSS-API
  • nghttp2: http2
  • c-ares: 非同期名前解決
  • libidn: 国際化ドメイン名のIDNAエンコーディング
  • GnuTLS: TLS (https)
  • NSS: TLS (https)
  • wolfSSL: TLS (https)
  • libssh2: SCP, SFTP
  • libmetalink: メタリンク
依存元 PHP, Git

任意の依存先が複数ある。実用上は,TLS対応のためにOpenSSL (またはmbed TLS, GnuTLS, NSS, wolfSSL) は必要だろう。

インストール手順
sh -ex <<-"EOT"
LOCAL=~/.local J=$(grep -cs '^processor' /proc/cpuinfo || echo 2)
PKG=curl VER=7.64.0 TAG=$PKG-$(echo $VER | sed 's/\./_/g')
cd "$LOCAL/src"

if command -v git >/dev/null; then
  [ -e $PKG ] || git clone --depth 1 https://github.com/curl/curl.git $PKG
  cd $PKG
  git fetch --depth 1 origin tag $TAG
  git checkout $TAG
./buildconf
else [ -e $PKG-$VER ] || wget https://curl.haxx.se/download/$PKG-$VER.tar.xz tar -xf $PKG-$VER.* cd $PKG-$VER fi ./configure --prefix="$LOCAL/stow/$PKG-$VER" make -j $J && make install cd "$LOCAL/stow" stow -S $PKG-$VER -D $PKG-* EOT
インストール例
日付 バージョン OS 依存関係
2018-06-18 7.59.0 Ubuntu 16.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0, OpenSSL 1.1.0h
2019-02-24 7.64.0 Ubuntu 18.04 GNU Make 4.2.1, GCC 8.1.0, OpenSSL 1.1.1a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です