書評☆2 広く浅くWebプログラミングの基礎を解説 | ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん

概要

書名通り,WebとWebプログラミングの基礎を解説している。大まかに以下の3部構成となっている。

  1. Webの基礎
  2. フォーム関係
  3. PHPの構文とCookie,DBなど

1.のWebの基礎は通信とかポートとか,PKIとかIPAの情報処理技術者試験にも出てくるような内容。
Webプログラミングとしては主にPHPを扱っており,一部JavaScriptも使っていた。
広く浅く書いてあり,内容が薄いと感じた。どれも中途半端な内容。他の本でもっときっちりやったほうがいいようにも感じた。全体を軽くみてみるというのではいいのかもしれない。

まとめ

Webプログラミングの基礎をざっとみるというのではいい。しかし,この本だけでは物足りないので,結局他の本を当たることになるだろう。
パーマリンク:https://senooken.jp/blog/2018/06/01/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です