CMakeのインストール

クロスプラットフォームなビルドツールであるCMakeのインストール手順を記す。

CMakeを使うことで,Windows, Linux, Macのどの環境でも動作するバイナリーを効率よくビルドできる。クロスプラットフォームを意識した新しいプロジェクトで採用が増えている(mozc, MariaDBなど)。

インストール情報
項目 説明
配布元 CMake
インストール手順 Installing | CMake
依存関係 C++11コンパイラー(g++), Make (GNU Make)
ビルド環境 Ubuntu 16.04
インストール手順
LOCAL=~/.local
PKG=cmake
VER=3.10.3

cd $LOCAL/src
wget -nc https://cmake.org/files/v${VER%.*}/$PKG-$VER.tar.gz
tar -xf $PKG-$VER.tar.gz
cd $PKG-$VER
./bootstrap --prefix=$LOCAL/stow/$PKG-$VER
make && make install

stow -d $LOCAL/stow $PKG-$VER

CMakeはけっこう大きなパッケージなのでmakeに時間(10分程度)がかかった。

CMakeをインストールしたら,セットでよく使われるECMもインストールしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です