書評:50万円の元手を月収50万円に変える不動産投資法

☆3:ボロ屋リノベーション+チーム戦

築古物件を50-200万円の安値で購入し,DIYによるリノベーションで高利回りの賃貸物件を実現する不動産投資術について書かれている。

この方法は人を選ぶ方法だと感じた。まず,著者がかなり行動力のある人であり,特殊な経歴の持ち主。他の人にも実現できるような内容ではないと感じた。

仕事がきついなか,限られた余暇を使って物件を仕入れて自分でDIYを行うのは,相当な労力がかかる。これを実行するのは相当の覚悟が必要だなと感じた。

参考箇所

この本の方法では以下の手順で物件購入を進めていく(p. 99-101)。

  1. 現金150万円で1棟目の物件を購入してリフォーム
  2. ローンで2棟目の物件を購入
  3. 物件を一つ売却して手持ち資金を用意
  4. こぶり(4戸程度)のアパートを購入
  5. 大き目(12戸程度)のアパートを購入

個数を増やすことで不動産事業として確定申告できるようになり,税制上の優遇を狙っていく。

不動産投資の参考になった書籍として以下の本を挙げていた(p. 112)。気になったので読んでみたいと思った。

  • <不動産営業マンが教える>はじめての家の買い方
  • ボロ物件でも高利回り激安アパート経営 入居率95 %を誇る非常識なノウハウ
  • 知識ゼロでも大丈夫!基礎から応用までを体系的に学べる!不動産投資の学校[入門編]「お金持ち大家さんになりたい!」と思ったら必ず読む本
  • 学生でもできた!逆転不動産投資術 低所得・保証人無しで融資を受けて専業大家

物件探しに使えるサイトとして以下を挙げていた(p. 120)。

  • 建美家
  • 楽待
  • HOME'S
  • アットホーム
  • Yahoo!不動産
  • ニフティ不動産
  • 三井のリハウス

まとめ

物件選びとしては,価格を重視して,後はリフォーム後に借り手がつくかどうかを念頭において物件を選ぶとのことだ。
ボロ屋をリフォームすれば少ない元手で不動産投資を始めることができ,高い利回りを実現できるのは確かなこと。一つの方法論として参考になった。

パーマリンク:https://senooken.jp/blog/2018/02/08/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です