書評:エンジニアのためのWordPress開発入門

☆3:WordPressの人気プラグインと全体像がわかりやすい

CMSのWordPressの開発に必要な情報を解説している。
書名にあるとおり,エンジニア向けの本だ。PHPができて,かつWordPressをある程度触ったことがある人に向けた内容になっている。

どちらもこれから始めようかと考えているくらいで経験はほぼないので,現時点では込み入った内容(主に第5章以降)はあまり理解できなかった。しかし,それでもいくつか有益な情報を得られた。

有益だったのは大きく2点。

1 人気のプラグイン

WordPressでの開発ではプラグインを活用することが,手短に目的を実現する上で重要と説明しており,第4章でプラグインについて解説してある。その中で,WordPressにおいて人気なプラグインをいくつも紹介していた。具体的には以下のプラグインが特に自分にとって便利そうだと感じた。

  • Contact Form 7
  • Super Socializer
  • WP Total Hacks

2 WordPressの全体像

WordPressがどういう構成でどういう順番で動作しているのかは今後カスタマイズしていくうえでは重要な情報だ。
p. 135 (http://warna.info/archives/279)でWordPressの実行シーケンス図があり,わかりやすかった。また,p. 155にはテンプレート階層図があった。

その他,以下の事柄について記載されていて参考になった。

まとめ

エンジニア向けにWordPressの仕組みや有益なプラグインについて解説してあった。
ある程度できる人向けの内容になっているので,PHPとWordPressを触り始めて2年目くらいから手に取ると調度良いと感じた。

パーマリンク: https://senooken.jp/blog/2018/01/16/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です