書評:会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業

☆3:朝晩30分でも運営できる体制意識が大事

同じ著者の「働きながらリスクゼロで小さく稼ぐ 朝晩30分好きなことで起業する」と基本的に内容は同じだった。しかし,こちらより具体的な内容があった。

一番印象に残ったのは,朝晩30分でも運営できるような体制の業務を行うということ。これができないと,副業として継続するのが難しいから。

朝晩30分でできるような内容だと,メールのチェックや在庫確認,問い合わせの対応など。また,全て自分一人でやるのではなく,場合によってはアウトソーシングを活用することも視野に入れる必要があるとのこと。

始める内容としては,自分が困ってたけれど,それを解決できたことがやりやすいとのこと。

まとめ

まずは自分のホームページやブログを用意して,こうした情報発信から初めて見るのが手軽で良さそう。

ただ,前著と同じで具体的な内容は欠けているので,起業のやり方の一つの方法論として参考にするのが良いと感じた。

パーマリンク:https://senooken.jp/blog/2018/01/13/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です