書評☆4「株は技術だ!」:勝ち続けるための空売りリスクヘッジ

概要

チャートの動きでトレードを分析するテクニカル分析に特化した本となっている。用語をきちんと解説しており,初心者にも配慮していた。
内容としては,大きく以下の3部構成となっていた。

  1. 株価の流れの読み方
  2. 建て玉のやり方
  3. 実チャートの考察

まとめ

勝ち続けるためには,建て玉や空売りによるリスクヘッジが大事だという趣旨が多くかかれており納得した。内容がどれも実践的でとてもよかった。
きっちりセオリー通りにやれば確かに負けにくくすることはできそうだと感じた。手元においておきたいと思える良い本だった。
パーマリンク:https://senooken.jp/blog/2017/12/22/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です