Vimでフォントサイズの変更

:set guifont=フォント名:オプション1:オプション2…
:set guifont=*とするとダイアログが出る。
guifont はgfnとしてもOK。

フォント名: ipagothic, ms_gothicなど
大文字小文字は区別しない。空白は_に置き換えて入力。
フォント名を指定しなければ、FixedSysになる。

オプションリスト
hXX – 文字高が XX (単位はポイント。浮動小数点数でもよい)
wXX – 文字幅が XX (単位はポイント。浮動小数点数でもよい)
b – ボールド (太字体)
i – イタリック (斜字体)
u – 下線付き
s – 打ち消し (文字を横切る線付き)
文字の大きさはhで指定しよう。
文字の大きさを指定しなければ10ptになる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です