LyXとTeXで括弧付き相互参照と数式環境でのフォント

 TeXで数式を相互参照するときは
\eqref{}
を使えば,括弧付きの番号が挿入される。LyXでも相互参照の挿入時に形式を選択すれば実現可能。
 学部時の卒論では数式を参照するときには\ref{}とだけしていたので,番号に括弧がついていなくて先生に指摘され,(\ref{})とするかなり面倒な作業をするはめになった。指摘した時に教えてくれたらよかったのに…
 
 LyXの数式環境内では文字は斜体になるため,化学式を書くときやっかいだ。これは数式のフォントを指定することで緩和される。数式環境を選択して
Alt + C + R
とすることで,文字フォントがアップライト体になりOK。但し,NOxとかするとxも直立になるので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です