終末が強い…!

本日は友人と遊びました。
そのときの雑感をメモ

【ゴブリン】

・ ゴブリン相手にサイドに《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》があると心強い。
・ 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》の指定先は,《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》,《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》,《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》,《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》,《霊気の薬瓶/AEther Vial》。特に,《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》があるなら,《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》や《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》あたりに注意。
・ 同じカードが多いので《外科的摘出/Surgical Extraction》は有効。ねらい目は。《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》,《ゴブリンの女看守/Goblin Matron》,《ゴブリンの首謀者/Goblin Ringleader》あたり。特に,《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》は相手にアドがとられるのと以後の除去のケアをしなくていいので楽。

【青白】

・ 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》+《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》を防ぐために《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》は構える。白2色つぶれるけど我慢する!!
・ 《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》は相手のドローステップ後優先権をもらってから出そう。
・ 終末 は墓地の終末を《外科的摘出/Surgical Extraction》で取り除くことでとなえることを防げる。→サイド後《外科的摘出/Surgical Extraction》を入れよう。
※但し,相手もそれをケアして《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》を入れてくるかもよ。
でも,瞬唱やジェイスなどリムーブしたいカードは多いので入れた方がいいな。
・ 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》はよかった。

 終末が強かった。普通に1:3交換されるしもともと相手は瞬唱やジェイスなどアドだらけのデッキだからさらにつらい…。何か対策を考えないといけないな…。

 《ルーンの母/Mother of Runes》は悪くないのだけれど,打点がたりなくてなんかのついでにやられる。少し減らして,決定打の高いカードを加えるか?パワーに+4の修正を掛けれたら,殴打頭蓋のついた石鍛冶やヴェンデも突破できるからそういう装備品を探す?

 石鍛冶を出されたらすぐに手札の剣鍬で除去しているが,これは実は不要でヴェンデ用にとっておくのが正解かな?

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です