ジェイス対策

 帰りの電車でぼんやり今のデッキについて考えていた。

 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》は大きな大会になると必ずこれを使ったコントロールデッキがいるのでやはり対策がいる。有力なのは《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》。こいつは先に出しても後から出してもよくて,タイマンならジェイスに勝てるカード。いまメインにもサイドにもとっていないけれどよくよく考えるとやはりいるわ。先出ししてもめったに破壊されない安定感が頼もしい。

 メインだと自分がサリアを採用しているのもあり,コンボ相手とか有効でない相手もいるのでサイドに2-3枚とろうと思う。もともとサリアを採用したため外して軽い《幽体の行列/Spectral Procession》を採用していた。これらのコントロール相手はこちらが速攻ビートを決めない限り中長期戦が必至。なら多少重くても有効なカードをとるべきだと思った。それに相手に出される《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》はかなり厄介である。おそらく十手の次くらい。ジェイスは単体だとそれほど脅威は感じない。(感じないだけでアドはとられているけれど…)後半消耗した時にでてくるのが恐ろしい。

 つまり相手の《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》が厄介なのっで対消滅狙いもかねて使ったほうがよさそうだ。ただ,ペスも相手の十手の前では無力なので十手を止めることは最重要課題だ。このために,以前はメインに3枚積んでいたペスを一気に減らした。

 エルフはコンボ。《エルフの幻想家/Elvish Visionary》なんかに十手のカウンターを消耗するよりかはためておいてけん制したり,プレイヤーのライフを狙っていった方が早い。次回から気を付けよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です