青白D&Tに鷹を採用する

卒業論文は4/3にようやく提出しました。しかし、提出後脱字を一個見つけた…。けっこう見直したつもりだったのだけれど…

新しい学校。いろいろプレッシャーがあるけれど、何かいいことがあればいいな。
就職活動が怖い。それとテーマ決め。目先の嫌なことは新しい研究室の人達への学部でやった卒研の発表か。

閑話休題。

しばらく放置していた青白D&T。しもべさん
http://kingslover34.diarynote.jp/201204031050058143/
が紹介していたをみて思いだした。

それとさざめ雪さんが使っているNogoyfというデッキで《戦隊の鷹/Squadron Hawk》と《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》を採用しているのを参考に自分のにもこれを取り入れてみた。

61 青白D&T
21 土地
1 《平地/Plains》
1 《島/Island》
4 《Tundra》
4 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《Karakas》
4 《不毛の大地/Wasteland》
1 《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》
1 《石化した原野/Petrified Field》
1 《地平線の梢/Horizon Canopy》
1 《Maze of Ith》
1 《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》

22 生物
3 《ルーンの母/Mother of Runes》
4 《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》
3 《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2 《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4 《戦隊の鷹/Squadron Hawk》
2 《波止場の用心棒/Waterfront Bouncer》
2 《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2 《コロンドールのマンガラ/Mangara of Corondor》

18 呪文
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2 《呪文嵌め/Spell Snare》
2 《もみ消し/Stifle》
4 《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1 《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1 《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

15 サイド
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
2 《解呪/Disenchant》
2 《失脚/Oust》
3 《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3 《呪文貫き/Spell Pierce》
2 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》

変更点は
瞬唱1、《セラの報復者/Serra Avenger》3→《戦隊の鷹/Squadron Hawk》4
《殴打頭蓋/Batterskull》1→《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》1
《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》1を追加

瞬唱は序盤に複数枚あってもそもそもフラッシュバックする余裕がない。また、序盤の展開と除去が多いことをそれにアドの面からセラと鷹を交換。
《殴打頭蓋/Batterskull》は石鍛冶が残らないと使えないのでやめて、さらなる除去の点から《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を採用。
スペースがなかったので《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》は1追加。

ただ、今後《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》やら《二股の稲妻/Forked Bolt》が増えるとタフネス1が多いのでちょっと不安だ。

動かしてすらいないただの思いつきです。

今後あまり時間がとれないので、暇を見つけてこういう駄文でも残していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

デュラハン

次の記事

今考えている白単