卒業式

3/23(金)に大学の卒業式があった。

当日は雨でちょっと移動などが不便だった。卒業論文が完成していなくてその日に出すつもりで徹夜だったのでちょっとしんどかった。まあ、論文は結局未完成なのですけどね…。完成しだい持っていくことになりました。

所属する環境工学科の代表になったので、卒業式では学科を代表して前に出て学長から卒業証書をもらった。ただ、名前を呼ばれたら「はい」と返事をしてお辞儀をしてもらうだけの簡単なお仕事。それでも緊張した。

学長のお祝いの言葉はやはり長かった…。全部の学部の役割の必要性とかに触れていたからしゃーないか。最初は背筋を伸ばしていたけど、後半はだれてどんな話か記憶にないや(笑)。途中で大学歌を歌う時に応援団の団長がでてきて伴奏なしに皆で歌を歌ったのは熱くてよかった。

退場の時に、ウインドアンサンブル部が卒業式の定番『旅立ちの日に』(通称TH)を演奏していて懐かしくてよかった。

式の終了後は学科ごとにわかれて、個別に卒業する全学生に証書の授与が行われた。

当初のタイムスケジュールとしては
10:00-11:00 卒業式
12:00- 学科ごとでの証書授与
15:00-17:00 レセプション

だった。けれど、卒業式がちょっと長引いた感じで、12:00からの学科ごとの授与までの時間があまりなかった。
学科での証書授与のときに、アンケートみたいなのを書かされた。僕はあまり満足しなかったので低い評価をしておいた。

証書授与が終わったあとは、研究室で先生が寿司をとってくれたのでそれをみんなで食べた。このときに、僕の論文のことを言われて「付録がまだできていないのでまた後で出します」といっておいた。卒業には関係なくて、後は研究室の財産として後の人の参考資料という位置づけが強い。そして、研究室で写真を撮った。
 僕の研究室は卒業する学部生が僕入れて2人。院生(修士)1人。当初、学部生はもっと卒業する人が多いと思われたのだけれど、どうやら単位がたりなくて3人がだめだったようだ。

写真の後は、時間があまりなかったけれど、お世話になった先生方に挨拶回り。そして、レセプションの会場のたしか「ホテル阪急インターナショナル」というところへ向かった。
会場のあるこの建物の付近は一度就職の説明会と面接で来たことがあった。

会場につくと席に座るように言われた。せっかく最後なんだから、普段あまり話さない人の多そうな席についた。これが間違いだったのか、その後途中で話をするものの最後までわりとひとりぼっち状態で気分が悪かった(苦笑)。しゃーないか。

会場では先生方がお話をされて、その後学科で行った卒業論文の発表会の結果優秀者の表彰が行われた。僕も発表はしたのでちょっと期待していたのだけれどだめだった。採点基準がよくわからないから、今後の参考にもならない。次の日までこのことについて、なんか気分が悪かった。

そのあとはビンゴ大会。僕はわりと遅くにあたって、ONE PIECEのトランプをもらった。たしか一等賞は3DS。ただ、外れた人は外れくじと交換で500円分くらいの図書券かQUOカードと交換してくれるとのこと。

途中でトイレにいった。飲み物を飲み過ぎたのとちょっと徹夜で気分が悪かったので少し長いことこもってていた気がする。帰ってくると、写真タイムみたいになっていた。
同じ研究室の人の呼び掛けて、研究室の先生と写真をとることになった。

席に戻って食事のデザートのロールケーキを食べた。クラスの人に一緒に写真に写ってくれるようお願いされ、一緒に写った。

解散。23時から二次会があったようだけれど、しんどかったのでパス。
家に帰って風呂にも入らず、歯磨きだけしてすぐ寝た。

大学生活はあまりよくなかった。所属する学科では話の合いそうな同級生が少なかった。他の学科では話の合いそうな人が何人かいたのだけれどな。進学先の学校ではよくなることに期待したい。

レセプションで冒頭の先生の話で最後なんかほうれんそうとかのコミュニケーションが大事とかっていう結論になっていた。どこもそうだけど聞きあきるな-。
コミュニケーション力ってたまたま話が合う人が多いとかそういう問題なんじゃないのと思うのだけれどね。話をきくときにメモをとったり、うなづいたりするのがコミュ力なのかな。
時間をみつけて勉強したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です