Grand Prix Indianapolis 2012 雑感

3/11に Grand Prix Indianapolis 2012 というMTGのレガシーの大会があったようだ。
リンク参照
http://www.wizards.com/magic/magazine/article.aspx?x=mtg/daily/eventcoverage/gpind12/welcome

優勝者は青白黒のデッキ。準優勝は赤スレッショルド

トップ8のデッキリストを見て思ったことを書く。

トップ8の内訳は

赤スレッショルド 2
緑白(マーヴェリック?) 2
青白石鍛冶 1
青白黒 石鍛冶? 1
high tide 1
発掘 1

というもの。
この中で緑白デッキには共に スレイベンの守護者、サリア が採用されてい興味深かった。

以下に両者のデッキを掲載します。

Pascal Maynard
2012 GP Indianapolis Top 8 – Legacy

Main Deck
60 cards

1 Dryad Arbor
3 Forest
1 Gaea’s Cradle
1 Horizon Canopy
1 Karakas
1 Maze of Ith
1 Misty Rainforest
1 Plains
4 Savannah
4 Wasteland
4 Windswept Heath
22 lands

2 Aven Mindcensor
1 Gaddock Teeg
4 Knight of the Reliquary
4 Mother of Runes
4 Noble Hierarch
3 Qasali Pridemage
2 Scavenging Ooze
1 Scryb Ranger
1 Sylvan Safekeeper
2 Thalia, Guardian of Thraben
24 creatures

1 Crucible of Worlds
4 Green Sun’s Zenith
1 Path to Exile
4 Swords to Plowshares
1 Sylvan Library
2 Umezawa’s Jitte
13 other spells

1 Elspeth, Knight-Errant
1 planeswalker

Sideboard
1 Bojuka Bog
2 Choke
2 Enlightened Tutor
1 Ethersworn Canonist
1 Path to Exile
1 Phyrexian Metamorph
1 Rule of Law
1 Stony Silence
1 Surgical Extraction
2 Thrun, the Last Troll
1 Tormod’s Crypt
1 Wheel of Sun and Moon
15 sideboard cards

Dan Jordan
2012 GP Indianapolis Top 8 – Legacy

Main Deck
60 cards

1 Dryad Arbor
3 Forest
2 Horizon Canopy
1 Karakas
1 Maze of Ith
1 Misty Rainforest
1 Plains
4 Savannah
4 Wasteland
4 Windswept Heath
22 lands

1 Gaddock Teeg
4 Knight of the Reliquary
4 Mother of Runes
4 Noble Hierarch
2 Qasali Pridemage
3 Scavenging Ooze
3 Stoneforge Mystic
3 Thalia, Guardian of Thraben
24 creatures

4 Green Sun’s Zenith
1 Sword of Body and Mind
1 Sword of Light and Shadow
4 Swords to Plowshares
2 Sylvan Library
1 Umezawa’s Jitte
13 other spells

1 Elspeth, Knight-Errant
1 planeswalker

Sideboard
1 Bojuka Bog
3 Choke
1 Elspeth, Knight-Errant
2 Ethersworn Canonist
1 Grafdigger’s Cage
3 Gut Shot
2 Path to Exile
2 Tormod’s Crypt
15 sideboard cards

 両者とも構成は似ている。
 Pascalさんのデッキは《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を採用していない。しかし、《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》を2枚取っている。
 一方Danさんのデッキは《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》を採用し、装備品に《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》と《肉体と精神の剣/Sword of Body and Mind》、《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》をそれぞれ採用している。

 サリアの採用について、ともに非生物呪文が十数枚ということで自分への影響が少ない。また、コンボ系デッキへの懸念があったためメインから採用しているのだろうか?
 以前から、サイドに《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》を採用しているのは見かけていたけれど、メインから《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》と《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》以外の白のコンボメタ生物が入ったのはみたことが無かった。

 実際に《High Tide》が上位に入っていることをみると採用はよかったということか。
石鍛冶を採用しても《殴打頭蓋/Batterskull》を採用しないという考えは面白いです。確かに、序盤に石鍛冶から《殴打頭蓋/Batterskull》をサーチしても、石鍛冶を除去されると手札で腐るだけです。それよりかは出せる、剣の方がよいですね。プロテクションつきますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です