爆弾とエメリアコン

趣味のカードゲームのMTGの話。

この間ヤフオクで《漸増爆弾/Ratchet Bomb》を落札した。

英語版4枚で合計2200円。一枚当たり540円という計算。
いま未練ある魂のせいでトークンが流行るという予兆なのかその対策カードとして有効な
《漸増爆弾/Ratchet Bomb》の値段が上昇していた。以前は400-500円くらいだったが、いまは750円程だ。

このカードは汎用性が高く、この機会を逃すと値下がりしないと判断したので購入した。
単色でも使えるのがよくて、白単エメリアに使いたいと考えていた。

もう半年以上前の最後に使っていたエメリアコンは以下のデッキ。

22 土地
15 平地
4 不毛の大地
3 エメリアの遺跡

22 生物
4 石鍛冶の神秘家
4 前兆の壁
4 ちらつき鬼火
4 巡礼者の目
2 遍歴の騎士、エルズペス
2 太陽のタイタン
2 永遠のドラゴン

16 呪文
3 審判の日
3 忘却の輪
4 剣を鋤に
3 漸増爆弾
1 火と氷の剣
1 梅澤の十手
1 迫撃鞘

15 サイド
3 大祖始の遺産
2 悟りの教示者
1 ルーンの光輪
1 静寂
2 真髄の針
2 アメジストのとげ
2 エーテル宣誓会の法学者
2 エイヴンの思考検閲者

 サイドなどまだ練りきれていない。けれど、《審判の日/Day of Judgment》や《太陽のタイタン/Sun Titan》などの大技を持っていて、でも《ちらつき鬼火/Flickerwisp》や各種CIP生物たちでアドを取りながら中盤も攻めれて気にいっている。アドバンテージ重視なコントロールデッキ。
 僕は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》まで採用して除去を多めに取っている。エメリアコンは白単コントロールデッキという位置づけになると思う。コントロールは先のことまで考えて慎重に序盤を耐えないといけなくて難しい印象だった。あまり考えるのは得意でないのでミスが出にくいように使いやすく、除去を多めに取っている。

 kohさんの大会での優勝を受けて、僕もこのデッキで大会にでて遊んでみようと考えていた。
それで上記のデッキを改良したのが以下のリスト。

22 土地
12 平地
4 不毛の大地
3 エメリアの遺跡
2 《埋没した廃墟/Buried Ruin》
1 《コーの安息所/Kor Haven》

22 生物
4 石鍛冶の神秘家
3 前兆の壁
4 ちらつき鬼火
4 巡礼者の目
3 遍歴の騎士、エルズペス
2 太陽のタイタン
2 永遠のドラゴン

16 呪文
4 剣を鋤に
3 審判の日
3 忘却の輪
3 漸増爆弾
1 火と氷の剣
1 梅澤の十手
1 《殴打頭蓋/Batterskull》

15 サイド
3 《外科的摘出/Surgical Extraction》
3 《悟りの教示者/Enlightened Tutor》
1 《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1 《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1 《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1 《石のような静寂/Stony Silence》
1 《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
1 《沈黙のオーラ/Aura of Silence》
1 《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《万力鎖/Manriki-Gusari》

《万力鎖/Manriki-Gusari》1と《太陽のタイタン/Sun Titan》1は持っていないので借りるか買うかしないと…。
まだ実際に動かしたことが無いので、ここから調整が必要だとは思っている。

変更点について記述する。
・土地について。
 枚数はそのままに平地を削って、《埋没した廃墟/Buried Ruin》と《コーの安息所/Kor Haven》を採用してみた。個人的に《埋没した廃墟/Buried Ruin》は《漸増爆弾/Ratchet Bomb》や破壊されたり打ち消された装備品を使いまわせて強いと思っているのだけれどどうだろうか?土地事故のリスクのが高いかな?《コーの安息所/Kor Haven》はkohさんが採用しているのを参考に土地がけっこう伸びるので一枚くらい大丈夫かなと思って(笑)。
 《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》は個人的に序盤に数枚引いても困るので3枚にしている。

・生物について
《前兆の壁/Wall of Omens》を1減らして、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を1増加。
壁はアドバンテージは失ってはいないのだけれど、《審判の日/Day of Judgment》で一緒に流れたり中盤から後半にかけて相手に脅威を与えないのでいまいちな印象。kohさんも枚数を減らしているのを参考に僕も減らしてみた。
代わりに、《審判の日/Day of Judgment》と相性がよく通常のビートやコントロールに強い《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を増加。《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》もアドバンテージの観点から検討に値するのだけれど、正直相手にとって脅威でもなんでもないと思う。《出産の殻/Birthing Pod》があると話は別だけれど。

・その他の呪文
 基本的に同じ。《迫撃鞘/Mortarpod》を《殴打頭蓋/Batterskull》に変更。《殴打頭蓋/Batterskull》は通ればそれだけで勝てるゲームもあり、後半マナがたまるとかなり強い。文句なしの採用。kohさんが《迫撃鞘/Mortarpod》と《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》のコンボを採用していた。このデッキだと除去を予め多めに取っているので不要かなと判断。魅力的ではあるのだけれど。飛行生物がけっこういるので打点を上げるために《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を採用。隙を見てダメージを稼ぎます。

序盤は耐えつつCIP生物でアドを稼ぎ除去で流す。中盤以降に勝負を持ち込みエメリアやエタドラなどでフィニッシュするのが基本的な動きかな。除去の多い中低速ビートです。

・サイド
《悟りの教示者/Enlightened Tutor》を使った銀玉戦法を採用。定番のANT、墓地対を意識しています。
それでもANTと《集団意識/Hive Mind》はかなりきつそう…

 どこかのタイミングでこのデッキで大会に出たいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です