この間の大会を踏まえて

この間の大会

僕のレガシー日本選手権 (参照)
http://uonosa.diarynote.jp/201107180112309135/

でいろいろわかったことがあったので、それを今後のデッキ構築に活かすため、メモ。

主にバント相手に対して今後どう立ち向かっていくのか?が前回の大会で方向づけられた。たぶん今後も課題になるので、今のうちに整理。

全体的に エイヴンの思考検閲者 が無駄になる場面が少なく強かった。
特にバント相手だと 聖遺の騎士 の能力を擬似的に防げるのでとても心強い。後当然フェッチランドにも効くし、コンボ相手にも直観を封じたり、土地を封じることが可能になるのでメインからチャンスができる。石鍛冶も今後も流行ると思うので、それに対しても有効だ。
マーフォークなど一部の単色デッキ相手には無駄になるけれど、今回の日本選手権を通してその確率が低いということもわかった。

→デッキに4枚入れても問題なく、それくらい必要だとわかった。但し3枚しか持ってないので購入しよう。

ファイレクシアの破棄者 は機転がきくのでこれもまた無駄になりづらく、必要な場面が多かった。特に相手が出した 貴族の教主 を 精神的つまづき 回避しつつ防げるのはかなり強かった。そして腐っても サバンナライオン と同等の戦力であること。 序盤であっても 仕組まれた爆薬 精神を刻むものジェイス  聖遺の騎士 渋面の溶岩使い クァーサルの群れ魔道士 などのちのち出されると困るカードを指定しておけばよい。相手が止まっている間にライフを削れれば本望である。

→メインから4枚でもOK。

PW遍歴の騎士、エルズペスはあまり引くことはなかったけれど、だせたゲームでは全て勝っている。(引いても出す前に装備品で勝った試合もあるが。)今後 クァーサルの群れ魔道士 が流行ったり、サイド後 古の遺恨 など装備品対策が増えることが想像できるので、装備品に依存しない勝ち手段を用意することが必要である。
PWはその意味でも十分な強さをもっていると考えられる。ギデオンも検討の余地はあるがもっていないし、丁度会場で1000円で仕入れたエルズペスがあるので増加しよう。

→メイン3枚にする。

最後に装備品の選択である。現在メインで採用しているのは
梅澤の十手 殴打頭蓋 肉体と精神の剣 火と氷の剣 の計4枚。
このうち使用していていまいちと感じたのは 火と氷の剣 最もダメージ効率 とアドバンテージを稼げるカードであるが、いかんせんプロテクションの色が心もとない。環境でおそらく最多の 剣を鋤に を回避できる白と相手の 殴打頭蓋 のトークンを突破するための黒を擁している 光と影の剣 の方がメインにふさわしいと感じた。
バント相手だとプロテクション白は除去ほぼ不能で、 聖遺の騎士もとまるのでいうことなし。←本当はここが一番ですが(笑)

→火と氷を光と影にチェンジ!

ということで、光と影の剣をヤフオクで2500円で購入。今日届きました。
剣鋤をケアしなくていいのは安心なので、本当に心強い。しかし、油断せずジェイスとヴェンディリオンには注意しよう。

とりあえず、今は初手に引くとちょっぴり残念な セラの報復者2 をエイヴン1(予定)とエルズペス1に、 運命の大立者1 を ファイレクシアの破棄者1 に変更して、火と氷の剣 はマーフォーク、ゴブリン 用にサイドにひそめることに。
大立者より、学び手の方が効率が良くて強い場面が多いのです。母が隣にいればこいつだけで勝てる試合もありますし。
エイヴンと組み合わせるときは大立者の方が、構えれて相手にもばれないから強いですが。

前回の足りないところを負けた試合から勉強して、今後も最高の白ウィニーを作り、使い続けよう!!

日曜に友人と大会で僕が得た商品のパック12個でドラフトして遊ぶ約束もしたし、また遊びながら相談して考えます。

今回は以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

開封結果